【2002年】アニメキャラ ランキング(男)TOP3を紹介

出典:公式

<目次>

奈良シカマル
アスラン・ザラ
ロックマン
 

奈良シカマル

出典:公式

総合評価★★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★★

性格★★★★★

出演アニメNARUTO -ナルト-

特徴
奈良一族の出生の少年。黒髪の長髪を頭上にまとめて縛った髪型が特徴。父は上忍の奈良シカク、母は中忍の奈良ヨシノ。「めんどくせぇ」が口癖でやる気の無さを隠さない性格だが、実際はIQは200を超えるほどの切れ者。影を操る奈良一族の秘伝忍術「影真似の術」とその応用術を使用し、基本的に術の用途は敵の捕縛のため威力は低いが、頭脳を生かした戦術でそれを補い勝利に繋いでいる。幼少期より影ながらナルトの身を案じていた数少ない人物であり、木ノ葉の住民がナルトを迫害することに疑問を抱いていた。第一部の中忍試験では第三試験の本戦まで進出し、本戦ではテマリと頭脳戦を繰り広げてあと一歩まで追い詰めたもののチャクラ不足でギブアップしたが、その頭脳を買われて同期生たちの中では最も早く中忍に昇格した。試合直後の木ノ葉崩しの際には決死の覚悟で音忍たちの足止めを引き受け、窮地に陥るが間一髪でアスマに助けられた。中忍昇格後初の任務であるサスケの奪還作戦では、下忍のナルト・キバ・チョウジ・ネジを招集しリーダーとして作戦を主導。自身も多由也との戦闘で苦戦するが、テマリの助太刀もあって仲間たちと共に生還した。帰還後は任務失敗に加えて仲間も瀕死の重傷を負ったことから自責の念に駆られるが、シカクや綱手の言葉もあり次の任務は成功させることを誓った。
引用:「”NARUTO -ナルト-の登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月28日 (火) 13:07″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

アスラン・ザラ

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★

強さ★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★

特徴
器用で何事もそつなくこなし、頭脳明晰、冷静沈着で論理的な性格だが、詰めの甘い部分があり、強気ではあるが、押しの弱い一面があった。複数の女性から好意を持たれているが、当人は女性に対してかなり鈍感。幼馴染のキラ・ヤマトとは月のコペルニクス幼年学校の頃から親友であり、彼の一家とも深い交流があった。キラのことを弟分と思っている事から、時に感情的になる。地球連合とプラント間に開戦の気運が高まると、父親(パトリック・ザラ)の命令でプラントへ移住。農学者である母(レノア・ザラ)を血のバレンタイン事件で失い、それをきっかけに軍人として平和のために戦う事を決意した。
引用:「”アスラン・ザラ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月18日 (土) 02:23″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

ロックマン

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★

強さ★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★

出演アニメロックマンエグゼ

特徴
電脳世界側・ネットナビのもう一人の主人公。正義感が強く生真面目な、熱斗のネットナビ。身長148cm。熱斗のことを「熱斗君」と呼ぶ。熱斗に対しては、やや口うるさい一面もある。熱斗同様正義感が強く、悪人には容赦しないものの、彼に比べると性格は穏やかで口調も柔らかく、他人を気遣うことが多い。基本的に装備している武器は右腕のロックバスターのみで、ゲーム中のイベントではよく連射しているが威力は低い。世界初の「心を持ったネットナビ」で、心臓病「H・B・D」で亡くなった熱斗の一卵性双生児の双子の兄、彩斗(さいと)のDNAデータを人格データに変換し、「エクサメモリ」というメモリ拡大プログラムに取り込み、ネットナビに移植したことで誕生した(そのため熱斗はそのことを知ってしばらくの間は彼を「彩斗兄さん」と呼んでいた)。そのため、シンクロ率が100%になることで、ロックマンが受けたダメージが熱斗に伝わる危険性があった。
引用:「”ロックマンエグゼシリーズ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年9月3日 (月) 12:05″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org