【2010年】アニメキャラ ランキング(男)TOP10を紹介

出典:公式

<目次>

紗伊 阿九斗
茂野 吾郎
碓氷 拓海
田島 悠一郎
日向 秀樹
木下 秀吉
折原臨也
桂木 桂馬
高坂 京介
小室 孝
 

紗伊 阿九斗

出典:公式

総合評価★★★★★

見た目★★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメいちばんうしろの大魔王

特徴
本作の主人公。身長182cm。体重71kg。生後間もなくコ=ロ神教会の前に棄てられていたところを保護されて孤児院で10年間を過ごした後、里親に引き取られてコンスタン魔術学院高等部の編入試験に合格。本人は普通の学園生活を送りたいと思い、卒業まで周囲に迷惑をかけず慎ましやかに過ごそうと考えていたが、健康診断で適正職業を「魔王」と告げられたことにより、編入先の1年A組を初め学院中の注目を否応無しに浴びる存在となってしまう。弁論の能力は天才的で、それが味方(特に女性)を増やす武器となる一方、誤解と警戒を招く原因にもなっている。また、学院へ編入するまでは全く自覚が無かったものの膨大な魔力を有しており、制御に苦慮している。アニメ版ではコンピューター神が滅びた事で魔王としての役目から解放され、自分と関係の深い人物達以外からは自分が魔王である記憶が無くなり、ようやく普通の学園生活を送れると思っていたが、2度目の健康診断の適正職業を受けたら再び『魔王』と告げられてしまい、また元の苦悩する日々を送る事になる。
引用:「”いちばんうしろの大魔王”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月19日 (日) 16:11″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

茂野 吾郎 / 本田 吾郎

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★

性格★★★

出演アニメMAJOR

特徴
左腕に転向からは、ジャイロボールを武器とする速球派の投手となる。常に野球一筋の、まっすぐな熱血漢。その反面、恋愛沙汰や世間一般の常識に関してに疎い面があり学業(頭を使うこと)が大の苦手。ワールドシリーズを制して数年後に投手として再起不能に陥ってからは野手に転向し、『2nd』では各国に渡って現役生活を送っている。
引用:「”MAJORの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月30日 (木) 17:28″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

碓氷 拓海

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★

出演アニメ会長はメイド様!

特徴
年齢:17歳。クラス:2-2(13巻まで)3-A(雅ケ丘転入。14巻)後に星華に戻り、3-1(18巻)。誕生日:4月27日。血液型:O型。身長:186cm(多分)体重:忘れた。特技:特になし。好きなこと・もの:観察。好きな食べ物:飴玉。嫌いな食べ物:卵の黄身。美咲の隣のクラスに在籍する男子生徒。容姿端麗、文武両道。また、勘も驚くほど鋭い。女子の間で非常に人気が高いモテ男。告白率も高いが、(美咲以外)全て断っている。視力は悪く、外ではコンタクトレンズを使用、家では眼鏡をかけている。英語に堪能でチェスは凄腕、料理の腕も鉄人級。要領が良く、試験前に勉強をやらなくても学年で1、2位の成績になってしまうなど、一見すると欠点が見当たらない驚異の完璧男(美咲には自身に対するセクハラ行為やその人間業とは思えないほどの能力の高さから、変態宇宙人との呼称をつけられている)。性格は飄々としており、あまり感情に左右されることはないのか(美咲に関する事柄以外は)常に冷静。動揺や辟易、取り乱すような態度は初期の頃は全く見られなかったが、物語が進み美咲との距離が近づくにつれ、様々な表情を見せるようになる。あまり他人に心を開かず、美咲に対してもどこまでが冗談で何が本気なのかさえも不明。また、何に対しても(人やモノもすべて含め)全くといっていいほど関心がない。だが唯一例外である美咲に対しては強い独占欲や執着心、些細な事への嫉妬心や、我が身を省みない咄嗟で危険な行動を起こす事もある。また、教えてもいないのに何故か美咲の携帯電話の番号を知っていたり、訳あって24時間起きていなければならない美咲が眠らないように一晩中電話を掛け続けたり、美咲の自宅前で一晩過ごすなど、美咲に「ストーカー」呼ばわりされるほど特異で風変りな行動を繰り返す。
引用:「”会長はメイド様!”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月27日 (月) 14:22 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

田島 悠一郎

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★★

性格★★★★

出演アニメおおきく振りかぶって

特徴
三塁手、一塁手、捕手、中堅手。右投左打。背番号5。1年9組。10月16日生まれ、B型。身長164cm・体重53kg。家族構成は曾祖父・曾祖母・祖父・祖母・父・母・兄・義姉・姉・姉・兄。犬・猫・ハムスターを飼っている。飛び抜けた野球センスを持つチーム随一の実力者。その名は強豪校にも広く知られている。打順は主に4番。小柄で筋力が足りないため本塁打を打つパワーはないが、抜群の動体視力とバットコントロールで打率を稼ぎ、チャンスにも強い。バントも巧くセーフティバントを決めた際には俊足を見せている。守備では肩が強いことに加え、ライナーを捕れないと見るやグラブに当てて遊撃手が捕りやすいよう軌道修正するなど、高い判断力と器用さを持つ。チーム事情から第二捕手も務める。正捕手の阿部よりもフィールディングが上手い。野手への送球指示も早く正確である。しかし捕手を始めたのは高校からであり、本格的な配球も考えたことが無かったため、初めて実戦で三橋とバッテリーを組んだ際には打撃に悪影響が出るほど苦労していた。観察眼が良く、桐青・高瀬の投球モーションの癖を見抜いてベースコーチャーとして盗塁の指示を出したり、美丞大狭山が敷いた守備シフトにいち早く気づいたりとプレー以外での貢献度も高い。性格は明るく単純で、突拍子もない言動で周囲を驚かせる事もしばしばあり、下ネタも躊躇無しに話す。三橋との意思疎通をすんなりと行える。ときには三橋の「あ」「う」の言葉にならない声を理解して会話を交わしており、阿部にとっては理解しがたい様子である。三橋と仲が良く、弟を見守るようにフォローする一面も。また、三橋の阿部への依存とその危うさに時折苦言を呈している。自身がチームの鍵を握る存在である事実は自覚しており、基本的に監督やチームメイトには不安や落ち込みを見せない。しかし、三橋に対してはポロリと本音をこぼすことがあり、自身の弱い部分を打ち明けたりしている。中学時代は名門ボーイズ「荒川シー・ブリームス」の4番だった。
引用:「”おおきく振りかぶっての登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月9日 (土) 04:42″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

日向 秀樹

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★

強さ★★

おもしろさ★★★★

性格★★★★

出演アニメAngel Beats!

特徴
戦線創始者の一人で最古参。戦線のムードメーカーかつ本編の準主人公的な立ち回りを務める。ゆりの愛称である「ゆりっぺ」は彼が命名した(母親と同名で名前で呼ぶことを嫌がったため)。新参者の音無にも好意的で親友のように親身になってくれるが、逆に音無から同性愛者ではないかと疑いの目を向けられることもある。球技大会の勧誘の際、本人は人望があると自信を持って発言したものの、あてにしていた人物達にはことごとく他のチームに引き抜かれるか断られており、逆に人望の無さが露呈した。またユイとは下らないことで喧嘩ばかりしており、「ケンカするほど仲がいい」ともとれる「凸凹コンビ」で、彼女とのいさかいが結果的に彼の「消滅」を遅らせていた。ヘタレさが目立つ人物であるが、ゆりの戦線結成の動機を作ったり、音無の考えに背中を押し協力したり、ユイの未練を消して彼女を「消滅」させたりと、常に仲間を第一に考えている一面を持つ。最終話で「卒業式」をした後、音無とかなでに気を遣い、彼らに軽く挨拶して音無を「親友」と呼び一足先に「消滅」した。前日譚である『Angel Beats!-Track ZERO-』、『Angel Beats! Heaven’s Door』の主人公。初対面でゆりに屋上から突き落とされ、その後何度も屋上ダイブを強要された[注 29]。NPCの命名をした。現在のところ、椎名を2度殺している戦線メンバーは日向のみである)そのうち1回は天使と野田とチャーが共闘している)。
引用:「”Angel Beats!”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月21日 (土) 12:48″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

木下 秀吉

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★

強さ★★

おもしろさ★★

性格★★★★

出演アニメバカとテストと召喚獣

特徴
2年Fクラスに在籍する男子生徒。1年生のときからの明久の友人。Aクラスの木下優子とは二卵性双生児で双子の弟だが、外見は一卵性のごとく瓜二つ。一人称は「ワシ」で、語尾に「〜じゃ」をつけるなど古風な爺言葉が特徴。れっきとした男子であるが、そのかわいらしい容貌と小柄で華奢な体格から「稀代の美少女」と称され、最近では男女を超えた「第三の性別・秀吉」として扱われている[注 24]。演劇部に所属しており、特技は声帯模写。試召戦争では主に演劇部で鍛えた演技力や声帯模写の能力を活かして作戦に貢献している。毎朝、日課としてジョギングと発声練習を行っている。演劇に打ち込みすぎて勉強が疎かになりがちなためにテストの点は低いが、演劇絡みでモチベーションが上がれば難解な「源氏物語」の原文を読み込むほどの力を発揮し、古典で110点を獲得している。また頭の回転もいい方で、試召戦争では前線の指揮官の役割を務めることも少なくない。
引用:「”バカとテストと召喚獣”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月22日 (水) 05:52″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

折原臨也

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★

性格★★★

出演アニメデュラララ!!

特徴
5月4日生まれ、O型、23歳、175センチメートル、58キログラム、新宿を拠点に活動する有力な情報屋。本編の多くの事件の黒幕的存在。眉目秀麗という言葉を具現化したような痩身の美青年。フード付きの黒いコートを着ている。頭脳労働専門だが、護身用の折りたたみ式ナイフを持ち歩いており、格闘家や静雄の攻撃をよける等運動神経はかなりのもの。原作者によると「臨也は高いところが好き、たとえブロック一段分でも」とのこと。「人間」に対して歪んだ愛と哲学を持ち、陰で暗躍することが多い。「(静雄以外の)人間全員を平等に愛しており、人間観察が趣味」と公言する。第一部1巻終盤にてセルティの「首」を入手し、第一部終盤まで保有することとなる。これにはある目的が絡んでおり、臨也はデュラハン=ヴァルキリーと考えた結果、池袋で戦争をおこし、セルティの首=ヴァルキリーを利用して死後の世界「ヴァルハラ」を確認しようとしていた。この一件以来、矢霧波江を情報屋の事務所で、秘書として雇っている。強烈な性格の双子の妹がおり、静雄の次に苦手としている。作者いわく、喧嘩をすると妹に負けるらしい。人間全てを愛しているが唯一例外として、駆け引きや理屈も通じない静雄は嫌悪しており、学生時代から犬猿の仲で、会うたびに殺し合いをしている。杏里を含め人外に当たる存在も同様に敵視し、痛烈な皮肉や嘲笑を浴びせかけることも多い。ただしセルティに対しては化物でありながら、例外的に敵意も好意も持っていない。本人は全人類を愛するため、特定の大切な人は不要という考えを説く。しかしその考えとは裏腹に、唯一の友人である新羅を裏切ることになると悟った際には感情的になり電柱を殴る、妹達の危機を未然に防ごうと手を回すなど、一筋縄ではいかない感情を秘めているようである。
引用:「”デュラララ!!”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月26日 (日) 12:59″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

桂木 桂馬

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★

性格★★★

出演アニメ神のみぞ知るセカイ

特徴
本作の主人公。私立舞島学園高等部2年B組。【誕生日:6月6日11時29分35秒 / 年齢:17歳 / 身長:174cm / 体重:53kg / 得意科目:教科全般 / 右利き】自他共に認めるゲーマーであり、幼い頃から四六時中ゲーム三昧の生活を送っている。特に「思春期の男子」としてギャルゲーをこよなく愛する。これまでに10000人以上ものヒロインを攻略しており、プレイしたソフトの数は5000タイトルに上る。その手腕からネットでは「落とし神」の異名を取り、ギャルゲーに対する非常に独特な考え方や、攻略速度の速さなどから神の如く崇められている。決め台詞は「エンディングが見えた」。甘い食べ物は嫌い。実は音痴で人前で歌う事を嫌う。他にも人前で何かをして目立つのが嫌い。類まれな頭脳と高い記憶力、そして大抵の事を初めて、もしくは少しの練習でそれなりにこなしてしまう[注 1]天才肌。学業においても教師の性格・出題傾向を読みきってテストは常に100点という規格外の事をやってのけるなど、その能力は人間離れしている。しかし、それらはもっぱらギャルゲーのスピード攻略のために浪費されている。特に「落とし神モード(動きの速さから手が六本に見える)」に入るとADVゲームなら12本、それ以外のジャンルのゲームでも6本のゲームを同時プレイすることができる。
引用:「”神のみぞ知るセカイの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月12日 (木) 06:35 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

高坂 京介

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★

強さ★★

おもしろさ★★★

性格★★★★

出演アニメ俺の妹がこんなに可愛いわけがない

特徴
身長175cm、体重60kg。本作の主人公にして、この物語の語り手。高校2年生。一人称は「俺」。取り立てて長所も短所もないが、本人は平凡であることを美徳であるとして肯定的に捉えている。能動的な性格ではないが、一度決めたことは恥をさらしてでも貫き通す責任感の強い一面や、自棄になると暴走したりするような感情の起伏が激しい一面もある。周りからの印象は「お節介焼きのお人好しだが少し鈍い」というものでほぼ一貫している。内面的には年相応の欠点もあり、しばしば心の中で読者に対して悪態をつく一面もあるが、あまりそれを表には出さない。妹・桐乃からは何が原因かは覚えていないものの一方的に蔑まれるような関係となっており、また京介自身も非凡な才能を持つ妹への嫉妬心を抱いていたが、玄関で『星くず☆うぃっちメルル』のDVDケースを発見したことから妹の誰にも知られたくない秘密を知ってしまう。当初はサブカルチャー系に対して相応の偏見を抱いていたが、沙織達との交流を経て、それが理解はできなくとも否定されるようなものではないと考えるようになり、桐乃の趣味を擁護する立場となる。その後は次第にそうした趣味を平凡な日常の延長として受け入れるようになり、3年生に進級後は黒猫とともにゲーム研究会の部員となり、夏休みの後半には恋人同士にもなった。幼馴染の麻奈実とは気心の知れた間柄で、友達以上恋愛未満の関係を続けることを望んでいるが、後には黒猫との恋愛関係も物語上の争点となっていく。好きな女性のタイプはあやせのような黒髪ロングの女性で、あやせの前では下心を露わにしてしまう一面もある。また、眼鏡っ娘には並々ならぬこだわりがある。基本的に自分に関してあまり高い評価を下していないが、実際のところその飾り気の無い優しさやなりふり構わない捨て身の行動が周りに好印象を与えており、求心力は本人が思っている以上に高い。また天然ジゴロの気があり、関わった女性からは大なり小なり好意を持たれてるため、最近は沙織から「女たらし」と糾弾されることもある。
引用:「”俺の妹がこんなに可愛いわけがないの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月14日 (木) 02:23″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

小室 孝

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★

強さ★★★

おもしろさ★★

性格★★★

出演アニメ学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

特徴
本作の主人公。藤美学園2年生。一人称は「僕」だが、たまに「俺」となる。三白眼気味のツリ目と跳ねっ毛が特徴。「面倒くさい」が口癖。無気力かつ怠惰な性格で、日常的に遅刻や欠席などの授業怠惰を行っていた不良生徒。個性的な面々が揃っている一行の中で、最も一般的かつ常識的な人物。本人も「凡人」と卑下する描写が見受けられる。運動神経は並程度だが、優れた決断力と行動力で「やらねばならないことは自分から率先して行う」気概の持ち主で、高城邸を脱出して以降は一行のリーダー的存在となる。物語開始時点では麗へ想いを寄せていたが、中盤から冴子にも気持ちを揺らぎつつあり、現在は双方と関係を進展させられない状態にある。また、かつての親友であった永に対しても、裏切られたことによる遺恨と自らの手で殺めてしまった自責の念、相反する二つの感情を抱いている。無免許ながら、オートバイやバギーカーを自在に乗りこなせる技能を持ち、免許取得者の静香に代わって運転を行うこともある。学園脱出後は学園内で手に入れた金属バットを得物として使っていたが、コータに銃の扱いを教わってからは、南家で入手したショットガンのイサカM37や、床主東警察署の証拠品保管庫で手に入れたベネリ M4 スーパー90を使いこなす。そのほか、死亡した警官から拝借した回転式拳銃のS&W M37エアウェイトも一時使用していた。
引用:「”学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月18日 (土) 05:51″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です