2011年の相対的に見て最高のアニメキャラ(男)10選を紹介

出典:公式

 

岡部 倫太郎

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★

おもしろさ★★★★

性格★★★★★

出演アニメSTEINS;GATE

特徴
未来ガジェット研究所のラボメンNo.001にして、ラボの創設者。本作の主人公にして「線形拘束のフェノグラム」の主人公の一人である。18歳。1991年12月14日生まれ。身長177cm、体重59kg。血液型はA型。東京電機大学1年生(以下の文で「大学」と記載している場合、特記無き場合はこの大学を指す)。まゆりや橋田からは「オカリン」と呼ばれている。実家は青果店。表面的には重度の厨二病で、狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真(ほうおういん きょうま)の二つ名を名乗る。節度のない厨二的振舞いに加え、空気の読めていない言動も嵩むため交友関係は狭い。特に象徴的な厨二的行動のひとつとして、窮地に追いやられたり、深く感銘を受けた場合に、突然繋がっていない携帯電話を片手に架空の同志とエア通話を始めることがあり、その会話内容から鳳凰院こと岡部は「とある機関に狙われている」設定を持つことが伺える。こうした痛々しい振舞いは、6年前のまゆり絡みの理由から意識的に演じているもの[3]であるが、劇中では意識せずとも自然と厨二病的な言動をとれるほどになっている。根は善人でお人好し。不測の事態に対してはあっさり動揺するが、ラボメンの危機には率先して対処する仲間思いな青年である。物語の最初と最後とでは、振舞いは同じでも印象が変化していく人物として描かれている。萌えにはさして興味はなく、アニメは主にロボット物を見ている。体力はなく、少し走っただけですぐ息を切らしてしまう。また、@ちゃんねらー(作中の匿名掲示板サイト「@ちゃんねる」のユーザー)である為、橋田ほどではないが、日常会話に@ちゃんねる用語やネットスラングを織り交ぜることも。ドクターペッパーの愛飲家で、ラボの冷蔵庫内には、複数常備されている。
引用:「”STEINS;GATEの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月24日 (金) 12:19″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

高木 秋人

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★

出演アニメバクマン。

特徴
誕生日:1994年1月25日、出身地:埼玉県、身長:175cm、体重:66kg、血液型:B型。本作のもう1人の主人公。亜城木夢叶の原作担当。通称シュージン[注 1]。長身茶髪で黒縁の眼鏡をかけている。ジャージを愛着し、音楽好きでヘッドフォンをかけていることが多い。家族構成は、両親と未登場(アニメ版には登場)の兄がいる。学年主席の成績を誇る秀才で、小学生の頃から読書感想文で表彰されるほど文才に長ける。一方、絵は非常に下手。しかし、漫画を深く愛しており、自身も漫画家になりたいという夢を持っていて、中学時代にサイコーの絵の上手さに惚れ込み、漫画家の道に誘った。小学生の頃に父親が上司の責任を押し付けられて大手銀行をリストラをされた後、その反動で過度の期待を強いて勉強を教授する母親に耐え切れず反抗して以来、親は放任主義の方針であることをサイコーに語っている。人気を取るにはどうすればいいかを考えてヒットを出す「計算タイプ」の作家であり、少年漫画の王道である『ONE PIECE』のようなバトル中心の作品から外れたタイプの作品、いわゆる“邪道”(本作での自虐を込めての呼称)に特に力を発揮する。実際に「この世は金と知恵」は編集部・エイジからも高い評価を受ける。
引用:「”バクマン。の登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月21日 (火) 17:02″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

スイッチ / 笛吹 和義

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★★

性格★★★★

出演アニメSKET DANCE

特徴
本作の準主人公。スケット団書記。1-E→2-C→3-C所属。2月28日生まれ。身長173cm、体重55kg、AB型、好きなもの:科学、現代ポップカルチャー全般。嫌いなもの:炭酸飲料、オカルト。両利き。また、好きな十刃はアーロニーロ・アルルエリ。アニメ版では好きな仮面の軍勢は六車拳西となっている。常に肩からノートパソコンを提げており、弟の正文が遺した音声合成ソフトを通してしか会話をしない個性的な男子(アニメ版ではキャストの杉田の声を加工することで合成音声であることを演出している)。スケット団きっての情報通で、特に学園内の生徒に関する情報は恋愛遍歴からブログの開設状況までほぼ網羅しており、これらを元に依頼の解決に貢献している(この際「さすがスイッチのコーナー☆」と称し、知識を惜しみなくひけらかす)。黒い短髪にメガネを掛けたイケメンで、制服の上から緑色のベストを着ていることが多い。性格は基本的には冷静沈着。無表情でボッスンやヒメコが大慌てするような状況にも大抵一人だけ動じず、涼しい顔をしている(作中では笑顔を見せず、僅かに微笑むだけ)。またかなりのボケたがりで、周囲のボケに自分のボケを計算して被せて笑いを取ってきたり、他人のボケが続き自分の存在が霞んでしまいそうな時には身体を張って突っ込んできたりしている。Sの気があり、声優デビューのために指導を求めてきたモモカをイビったり、ガチンコ・ビバゲー・バトルでは同様にドSであるデージーを毒舌でなじり返したりして楽しんでいる。重度のアニメ・ゲームオタクで、日頃からオタク友達の小田倉達と共にフィギュアの交換やアキバ散策に興じている。また、アニメ声優デビューすることになったモモカに対しては、アニメファンの先達としてその幅白い知識を享受し、指導をつけている。彼女のデビュー後は、1ファンとして本人とのコネを使わずに毎回イベントに出席し、陰ながら応援を続けている。ゲームに関しては「クソゲー」の類を特に愛しており、山野辺先生が持ち込んでくるものに対しても一人関心が高く、飲み込みが早い。また、アニメやゲーム関連以外にもコンピュータ技術や種々の雑学など幅広い分野に精通している。周囲からは博識のイケメンと評判で、2-Cミス&ミスターNo.1コンテストでは「ミスターオタクNo.1」と「ミスター人気者」の2冠を達成している。
引用:「”SKET DANCEの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月21日 (火) 16:39″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

羽瀬川 小鷹

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★★

性格★★★★

出演アニメ僕は友達が少ない

特徴
主人公。聖クロニカ学園高等部2年5組。誕生日は7月30日。血液型AB型。考古学者の日本人の父・隼人とイギリス人の母・アイリとの間に生まれた、ハーフだが容姿は母に似ずほぼ日本人で、母から中途半端に受け継いだ黄土色がかったくすんだ金髪が唯一、ハーフであることを示す特徴である。そのため市販のスプレーで着色したところ髪を染め損なったヤンキーと誤解され続け、敬遠され、昔から友達はいなかった。聖クロニカ学園でも転校初日で、乗るバスを間違えてしまったことで大遅刻した上、遅刻して目立った恥ずかしさから、あがった自己紹介でクラスメートを怖がらせて失敗してしまい、クラスから浮いてしまう。加えて「笑った顔が怖い」「(電話口での)声が怖い」と周囲に言われており、これらも原因となっている。クラスメイトなどに話しかけるたびに「小鷹がカツアゲした」などという誤解に基づく噂が流れている。服装はシャツを他の生徒と同じように着用するのに対し、ズボンは裾を捲り上げており、ニッカボッカのようになっている。靴下は履かずに、直接靴を履く。幼少期から全国を転々としてきたが、父の海外転勤を機に妹・小鳩と共に日本の遠夜市にある実家に残ることを選び、聖クロニカ学園に転入した。隣人部内では唯一ともいえる常識人で、基本的に非常識な隣人部員へのツッコミ担当。
引用:「”僕は友達が少ない”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月15日 (水) 05:51″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

キルア=ゾルディック

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメHUNTER×HUNTER

特徴
ゾルディック家第三子(三男)。第288期ハンター試験合格者。年齢は12歳(初登場時は11歳)。誕生日は7月7日。身長158cm。体重45kg。血液型はA型。ゴン=フリークスの親友。家族や執事ら使用人以外と接する機会のない生活を送ってきたが、母親を滅多刺しにして家出をした後、暇潰しのつもりで受けた第287期ハンター試験でゴンと出会い、彼が自分にとって生まれて初めての友達となる。以後、多くの時間をゴンと共に行動する。第287期ハンター試験は最終試験でレオリオの対戦相手であったボドロを殺害し自主的に失格となるが、第288期で他の参加者を軒並み叩きのめして唯一の合格者となった。幼少から暗殺者になるための英才教育を受けており、少年ながら既に多数の実戦経験を積んでいる。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われるほどで、次男のミルキ以外の家族は全員、キルアをゾルディック家の後継者と認めており(そのミルキも、キルアの才能はゾルディック家で随一と評価している)、執事一同からも敬愛されている。逆にキルアは家族に対し、母のキキョウを鬱陶しく感じ、長男のイルミに畏怖の感情を抱き、次男のミルキを軽蔑し、五男のカルトには無関心で、祖父のゼノには少し甘えており、父のシルバのことを尊敬している。四子アルカに対しては、「妹」として時に過保護とも言えるくらいに愛おしんでおり、彼女を道具扱いする事に激しい怒りを見せ、彼女を守るためならば他を巻き込む事も辞さない。時々ゴンと口喧嘩になるが、それは彼と仲が良いからである。また、グリードアイランド編のドッジボールで、ゴンに「ボールに全力でオーラをぶつけられるのは、キルアがボールを持っていてくれるから」と言われるほど、彼に信頼されている。念を習得する前は自身の実力を過信していたようで、ネテロとのボール取り合戦では、あれ以上続けたら殺してでも奪いたくなると考え、またウイングから殺したいと思ってもいいかという問いかけに対し「無理だから」と了承するなど、遥か上の実力者の実力を推し量れていなかった。また、ハンター試験でゴンがキルアより好成績だとわかった時には焦りを覚えるなど、ゴンへのライバル心もある。
引用:「”ゾルディック家”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月28日 (火) 16:30 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

宿海 仁太/ じんたん

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★

強さ★★

おもしろさ★★

性格★★★

出演アニメあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

特徴
本作の主人公。秩父市立緑ヶ丘第三中学校卒。幼馴染達で結成した超平和バスターズのリーダー的存在。ある日自分が芽衣子に照れ隠しで思わず心にもない言葉を吐いて逃げてしまった後、芽衣子が死んでしまい、自身の心に深い傷を負うことになってしまう。その後、さらに母・塔子の死や高校受験の失敗などもあり、地区内でも底辺のレベルである市立緑ヶ丘高校に入学せざるを得なくなるなど、不幸は続いた。学校では、受験に失敗したトラウマもあって自ら周囲に壁を作り、学校からは足が遠のき、半ば引きこもりのような生活を送っていた。引きこもってからは人混みや不特定多数の人間と交わることを避けるようになる。外出する際は、ニット帽や黒縁眼鏡を身に着けて知り合いに出会っても認識されないようにしていた時期もあったが、芽衣子の願いを叶えて成仏させるために行動するうちに引きこもりから脱却した。しかし仲間の危機を放っておけない性分な点は今でも変わっておらず、鳴子が周囲からあらぬ誤解を受けた際に身を呈して庇ったり、芽衣子を成仏させるためにゲームショップや工事現場のバイトを掛け持ちするなど無理をしていた。自分だけに見える芽衣子については、物語の当初は幻想だと自分に言い聞かせてわざと冷たい態度をとっていたが、まもなくその存在を認め、普通に接するようになった。また、物語の比較的早い段階から超平和バスターズの他の4人に打ち明け、共に芽衣子の願いを叶えるための行動をとっていたが、確定的な証拠を示すことが不可能だったため、終盤まで信じてもらえず(鉄道を除く)、ことあるごとに衝突(特に集)が生じていた。共に暮らすうちに、芽衣子とずっと一緒にいたいという気持ちにもなっていったが、生まれ変わりによる再会を信じる芽衣子の意思を尊重し、超平和バスターズのメンバーと一緒に芽衣子を成仏させた。集によると昔は頭が良く運動もできる少年で、自宅の居間には中学校のマラソン大会や市内の硬筆展の賞状などが飾ってある。他、今でも物事の飲み込みが早く要領もよい。利き腕は左。変わった文字デザインのTシャツをよく着用している。4月16日生まれ、血液型はB型。好きな色は赤。身長165cm、体重55kg。塩ラーメンの卵は落とし卵を好む。
引用:「”あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月31日 (金) 02:06 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

奥村 燐

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★

出演アニメ青の祓魔師

特徴
本作の主人公。サタンの落胤(人間と悪魔のハーフ)として生まれた少年。15歳。12月27日生まれ。血液型A型。身長173cm、体重63kg。正十字学園高等部1-D所属。特技は料理。勉強は大の苦手。サタンに体を乗っ取られた養父・獅郎の死後、正十字騎士團の門を叩き学園へ入学。獅郎の仇を討つと共に「サタンをぶん殴る」ために祓魔師になることを決意し、祓魔塾に入塾。降魔剣を主に武器とするため志望称号は騎士であり、自分を生かした獅郎の正しさを証明するために聖騎士を目指している。夏休みの林間合宿中、アマイモンの奇襲から他の祓魔塾生を守るために、彼らの前で炎を使ったことで正体が露見。騎士團の懲戒尋問に連行されるが、半年後の祓魔師認定試験に合格することなどを条件に不問にされる。素性を知られた当初は出雲と廉造以外の塾生に距離を取られていたが、後に不浄王討伐へ向かう際に全員と和解し、絆を新たにする。勝呂親子の諍いを仲裁した時に炎を出して暴走してしまったため処刑が決定してしまうが、イルミナティの暗躍で騎士團内があわただしくなったこともあり現在は保留となっている。
引用:「”青の祓魔師”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月15日 (水) 21:41″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

桜満 集

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★

強さ★★★★

おもしろさ

性格★★★

出演アニメギルティクラウン

特徴
* ヴォイド:右腕* 効果:他者のヴォイドの一時格納、アポカリプスウイルスの分離・吸収本作の主人公。天王洲第一高校の2年生で、現代映像文化研究会に所属する17歳。世間や他人の顔色を常に窺い、人に嫌われるのを恐れ周囲の意見に流されるままに無難に過ごす日々を送ってきた。人と目を合わせるのが苦手で、ナイーブで内向的。涯が個々人のヴォイドの能力及び形が「見える」ことを言い当てたり、谷尋の何気ない一言から彼がシュガーであることを見抜くなど鋭い一面も見せる。母が不在がちの家で一人暮らし同然の生活をしており、家事には手馴れている模様。文化系を自称する彼にとって葬儀社の訓練は厳しいものとなった。GHQに追われる負傷したいのりと出会い、言葉を交わしたのも束の間、やって来たGHQにいのりを連行されてしまう。何もできなかったことへの悔しさ、何もされなかったという安心感がない交ぜになった自己嫌悪に陥るが、ふゅーねるを涯に届けることが自分が変われる最後のチャンスだと考え、涯や葬儀社の面々と出会う。同日深夜に発生した戦闘の最中、他者の胸部から結晶「ヴォイド」を引き出す〈王の能力〉を得たことで、涯が率いる葬儀社のレジスタンス活動に深く関わっていく。六本木フォートでの作戦後「仲間になれ」という涯の誘いを断って普段の生活に戻るが、「シュガー」こと谷尋の裏切りや、嘘界の説得を受け、何を信じていいのかわからなくなり疑心暗鬼に陥る。いのりの言動に翻弄され、自身の立ち位置を決めかねていたが、城戸奪取作戦時に命令を無視して駆けつけた彼女を信じようと決める。その裏では嘘界から発信機を手渡されており、いのりを葬儀社から連れ出そうとも考えていた。葬儀社に入り、いのりの真意を聞いたことで拠り所を失うも、綾瀬の助言と模擬戦を通じて認められることで表情は明るくなる。ルーカサイト攻略において涯の心情を知り、守るための力を望んでからは、涯に信頼を置き〈王の能力〉を委ねるようになった。〈王の能力〉を宿した時に数々の凄惨なフラッシュバックを見るが、そこで語りかけてきた少女と幼少の集が一緒に写った写真があるにもかかわらず、彼女のことはまったく覚えがない。颯太のことはかなり苦手としていた様子だが、颯太のヴォイドの真意を知って以来ヴォイドのことを深く考えるようになった。
引用:「”ギルティクラウン”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月13日 (月) 14:14″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

バーナビー・ブルックスJr.

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★

性格★★★

出演アニメTIGER & BUNNY

特徴
スポンサー – バンダイ(Crusade、及びBANDAI)、amazon.co.jp(第6話より)アポロンメディア所属の「スーパールーキー」。髪型は少し長めのカールヘアー。一人称は「僕」。他のヒーローと異なりヒーロー名は持たず、意図的に本名と素顔を公表している。アポロンメディアへ移籍してきた虎徹とは、ヒーロー界初のコンビTIGER & BARNABYとして活動することになる。基本的に言葉遣いは丁寧だが、常にクールな現実主義者。当初の活動方針は「仕事としてのヒーロー」であり、自身のスタンスとは異なる虎徹を「おじさん」と呼んで軽蔑し、コンビが本意ではないことを露わにしていたため、関係は最悪であった。ジェイクとの対決を通じ、虎徹を認めて以降は「虎徹さん」と呼ぶようになり、彼の優しさを他者に説くほど強い信頼を抱くようになった。NEXT能力は、虎徹と同じく「ハンドレッドパワー」(5ミニッツ100倍パワー)だが、後先考えずに能力を使う虎徹と異なり、ここぞという時を慎重に選んで発動させている。パンチを得意とする虎徹とは対照的に、キック技を得意としている。スーツの基本カラーは白と赤(インナースーツに由来する部分は黒)で、イメージカラーはピンク。また、第22話と第23話では黒と赤が基本カラーの新しいスーツを一時的に着用した。第1話でも当初は黒と赤を基本カラーとする同じようなスーツ(プロトタイプスーツ)で登場したが、細部は異なる。マスクの両脇に長い耳のような部位があることと跳躍が得意なことから、虎徹には「バニー」という愛称で呼ばれている。本人は当初この愛称を嫌がっていたが、そのうち普通に返事するようになった。デビューシーズンでは総合第1位およびMVPを獲得し、セカンドシーズンではクォーターシーズン記録を更新した。身長は185cm。10月31日生まれ。4歳の時、右手の甲にウロボロスの刺青を入れた男によって両親を殺害されたため、犯人を見つけ出して復讐することを糧として生きながら、長年に渡り唯一記憶に残っていたウロボロスの紋章を手がかりに犯人を捜していた。本名と素顔を公表しているのも、両親とその仇に対する思いからである。その真犯人がマーベリックであることを知った際には激しく動揺しており、彼が逮捕されて事件が決着した時点で一度はヒーローを辞めたが、虎徹が復帰したことを契機にヒーロー界へ舞い戻る。
引用:「”TIGER & BUNNY”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月9日 (木) 07:39″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

伊藤 開司

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★

出演アニメ賭博黙示録カイジ

特徴
本作の主人公。作中を通じ、服は上着を前開きで着ており敵味方問わずどのような状況においても名字の「伊藤」でなく「カイジ」と下の名前で呼ばれている。年齢は初登場時(1996年3月)で推定21歳。身長178cm。喫煙者であり、マールボロを喫煙する姿が描かれている。高校卒業後、東京に上京してきたフリーターの青年。遠藤が行った近辺調査では、父親は不明。パート勤めの母親と公務員の姉がいるとされている。しかし就職せず「しょぼい酒」と博奕に明け暮れ、さらに街で見かけた違反駐車の高級車への悪戯で憂さを晴らすという日々を過ごしていた。バイト先の知人である古畑の借金の保証人となったため、その肩代わり返済のために遠藤にギャンブル船エスポワールへ招待されたことを機に、危険なギャンブルの世界に足を踏み入れていく。「生きる目標」というものを全く考えていないため、平穏な環境下では、坂崎に『人間のクズ』と言われる程、怠惰で自堕落なダメ人間。だが、命が懸かった極限の状況下に置かれると、並外れた度胸と博才と洞察力を発揮し、論理的思考と天才的発想による「勝つべくして勝つ策略」をもって博奕地獄を必死に戦い抜いていく。
引用:「”賭博黙示録カイジの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月24日 (金) 12:36″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です