【2012年】アニメキャラ ランキング(男)TOP10を紹介

出典:公式

<目次>

ジョナサン・ジョースター
王騎
キリト
八重樫 太一
狡噛慎也
折木 奉太郎
周防 尊
ルツ
ヒデノリ
坂本 竜太
 

ジョナサン・ジョースター

出典:公式

総合評価★★★★★

見た目★★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★

性格★★★★★

出演アニメジョジョの奇妙な冒険

特徴
身寄りをなくし、ジョースター家の養子となった同い年の少年ディオ・ブランドーとの出会いにより、彼の運命は大きく揺れ動く。ジョースター家の財産乗っ取りを密かに企てるディオは、ジョースター家の正当な跡取り息子であるジョナサンを精神的に追い詰め堕落させるため、ジョナサンの愛犬ダニーを蹴って気絶させたのを手始めにして執拗な嫌がらせを繰り返す。ディオの策略によりジョナサンは次第に周囲から孤立していき、その仕上げとしてジョナサンの恋人・エリナを襲うが、ついに怒りを爆発させたジョナサンはディオに反逆。このとき、はじめてジョナサンはディオに勝利する。 ディオとの出会いから7年後、ジョナサンは身長195cm、体重105kgの巨漢に成長。心身共に立派な紳士として成長を遂げていた。大学ラグビーで活躍する傍ら、考古学を学ぶようになり、少年時代にディオとの喧嘩の際に偶然作動した「石仮面」に興味を持ち、研究していた。この頃にはディオとは友人となっているが、彼自身は幼い頃の体験から、本心からはディオに対して友情を抱けずにいた。大学卒業間近となって父・ジョージ・ジョースターが突然病に倒れるが、ディオの父親が死の直前に書いた手紙を発見したことで、ディオが実の父親を病に見せかけて毒殺し、そして今回ジョースター卿をも手にかけようとしていることに気づく。ジョナサンは単身ロンドンの貧民街・食屍鬼街(オウガーストリート)に赴き、そこで出会ったゴロツキたちのボス・スピードワゴンの協力のもと、ディオの悪事の証人と解毒剤を携え屋敷に戻るが、追い詰められたディオは(ジョナサンをかばった)ジョースター卿を刺殺し、石仮面の力によって吸血鬼へと変貌してしまう。不死身の怪物と化したディオを倒すべくジョナサンは自ら屋敷に火を放ち、自身も深手を負いながら辛くもこれを倒した。その後偶然にもエリナの働く病院に搬送され、彼女の献身的な看病により意識を回復。実に7年ぶりの再会を果たした。
引用:「”ジョナサン・ジョースター”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月9日 (木) 11:58″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

王騎

出典:公式

総合評価★★★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメキングダム

特徴
秦国六大将軍の一人。かつて昌文君と共に昭王に仕え、中華全土に名を馳せ賞賛された武人。本家の王翦らと違い、分家の出。かつてありとあらゆる戦場にどこからともなく参戦し、その武で猛威を振るったことからついた異名が「秦の怪鳥」。個人的武勇と戦場全体を見渡せる知略の双方を兼ね備える、最強の六大将軍。また摎の出生の秘密を知る一人であり、想われ人でもあった。昭王に心酔し、その亡き後は一線を退いていたが、秦趙戦争編にて突如として復帰し蒙武を退けて秦軍総大将となる。復帰前にも政の動きに介入、手助けするなど昭王の後継者として政を推し量っていた場面が見られる。また、直属軍の調練や後進の育成として信の成長を促すなど、軍事力維持に余念がなかった。序盤は趙軍を圧倒するが、深追いし過ぎた蒙武の救援に向かったところを趙本軍とその伏兵との挟み撃ちに遭い乱戦の最中龐煖に討たれる。龐煖との一騎討ちではほぼ互角ながらも止めの一撃を加えようとしたまさにその時、趙の魏加の狙撃によって不意をつかれ逆に龐煖の矛に打ち抜かれた。その後、重傷を負いながらも戦場を離脱し、騰や蒙武や信に言葉を残し、最後に信に矛を託して力尽きた。出陣直前に政を仕えるべき主と認め、昭王に託されていた遺言を伝えていた。
引用:「”キングダム (漫画)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月18日 (土) 14:32″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

キリト

出典:公式

総合評価★★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメソードアート・オンライン

特徴
外伝を除けば本編全般を通しての主人公。誕生日は2008年10月7日、SAO開始時の2022年11月時点では14歳、2年後のクリア時点で16歳。埼玉県川越市在住。生まれて間もなく事故で両親を失い、母の妹夫婦である桐ヶ谷家の養子となる。10歳の頃に自身の生い立ちを偶然知って以降、自分と他者との距離感が狂い出し、関わりを恐れるようになっていく。その結果、人付き合いが不得手な少年へと成長し、いつしか精神の安寧を仮想世界の中に求めるようになっていった。だがSAO事件によってその運命は大きく変わり、2年間のデスゲームで経験した多くの出会いと別れを経ることで精神的に成長していくことになる。6歳の時には母親の部屋にあったジャンクパーツを使って自作マシンを組み立てるなど、PCに関する知識と技術は高く、アインクラッド編ではシステムをクラッキングして消滅の危機に瀕したユイを救っている。多くの激戦を戦い抜いて培ったVRMMOプレイヤーとしての実力は高く、SAOでは全プレイヤー中最速の反応速度からユニークスキル「二刀流」の所持者に選ばれている。また、SAOや新生ALOでは数々のシステム外スキルを考案し、GGOでは銃弾の予測線を利用して自分に当たる弾丸のみを斬り払ったり、視線から相手の狙撃先を読むといった離れ業を見せる。アインクラッド編では、定員1,000名のSAOベータテスト参加を経て製品版のデスゲームに囚われてしまう。ゲーム開始直後は、他のベータテスター同様に自身の保身のみを考え、自身の強化に邁進していたが、そのことには負い目を感じており、ディアベルの協調を重んじる姿勢には心を打たれていた。第1層ボス戦の際にアスナとコンビを組むが、同ボス戦におけるディアベルの死による「攻略組」の混乱と元ベータテスターに対する偏見を収めるために「ビーター」の汚名を被り、大型勢力から距離を置いたままアスナと2人で攻略に邁進する。
引用:「”ソードアート・オンラインの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月22日 (水) 00:27″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

八重樫 太一

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★

おもしろさ★★★

性格★★★

出演アニメココロコネクト

特徴
本作の主人公。私立山星高校生徒。文化研究部(略して文研部)部員。1年3組⇒2年2組⇒3年4組所属。中学時代は野球部に所属していた。高校1年生男子の平均身長である。プロレスが大好きで、入部届けを出す前までは「プロレス研究会」を立ち上げようとしていた。姫子から「クソプロレスオタク」にして「自己犠牲野郎」と言われている。(その他にも「自己中野郎」「天然野郎」とも呼ばれている)真面目で正直な性格な故に、他人がダメージを負って苦しんでいるのを見ていられず、他人が嫌な思いをするならば自分が代わりに背負えばいいと思っている。妹を溺愛していることや「カコランダム」で幼児化した伊織と唯と稲葉に特に優しかったため、ロリコンの疑惑がかけられている。特に妹に対してはほっぺにキスされた時は最高に喜び、険悪な状態になったら生きる力が失いかけたり、妹に彼氏が出来た時は軽く昏倒してしまうほどである。そのため円城寺が部活見学に来た際には、稲葉からはとても心配されてしまっていた。また、非常に他人や状況に流されやすく「ユメランダム」で現象の力を使い乱用したことにより一時的に皆から慕われるが文化研究部の皆(特に稲葉、青木)とすれ違い稲葉に「アタシは今の太一なら、嫌いだ」と言われ破局の危機に陥った。だが伊織に(比喩的に)自分が今まで積み上げてきたものを崩されたことにより自分の問題点――「自分」がないことを知り自分を見つめなおす。その後稲葉と仲直りした。その後進路を稲葉と同じく理系としその際文化研究部全員の前で「地球を救いたい」という夢を語った。大学は稲葉と同じ所を志望しており、理学部生物学科を目指している。<ふうせんかずら>の実験のせいで、伊織や稲葉の胸に触れている。「カップルバトルロイヤル」では稲葉と組み、順調に勝ち進んで行ったが決勝戦で伊織・香取ペアに敗北。敗北はしたものの伊織と香取は付き合っていないため、校内随一の有名&実力派バカップルとなった。
引用:「”ココロコネクト”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年2月9日 (金) 10:46″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

狡噛慎也

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★

性格★★★★

出演アニメPSYCHO-PASS

特徴
本作1期の主人公の男性。1期における公安局刑事課一係の執行官。2084年8月16日生、血液型B型、身長180cm[7]。コールサインは「ハウンド3」。冷徹かつ厳格でぶっきら棒だが、正義感と良識も持ち合わせている野生的な男。鍛錬された強靭な肉体と捜査への執念深さから、周囲に畏怖されている。また頭脳の面でも優れており、その勘の鋭さと高い洞察力からいち早く事件の真相に気付くことが多い。執行対象者を追い詰めるさまは肉食獣のようだと朱に評されている。教養も高く、槙島聖護が引用する古今東西の作家や思想家の言葉を解する。愛煙家で、デスクの灰皿にはタバコの吸殻が積もっている。強力な武器であるドミネーターを扱うにあたり、犯人を倒すのは機械ではなく自分自身であると自覚し、武器以上の強靭な精神と肉体を持つべきだという信念のため、局内訓練施設とは別に、自室にもトレーニング機材を揃えるほどに鍛錬に熱心で、近接格闘術シラットを身につけている。上司だが後輩でもある朱の経験不足な面を色々とフォローしているが、資質には一目を置く。征陸からは「コウ」、縢からは「コウちゃん」と呼ばれている。元はエリートの監視官だったが、3年前の「標本事件」の捜査中、部下の佐々山が殺されたことをきっかけに犯罪係数が上昇、セラピーよりも捜査続行を優先したため、執行官に降格した。第16話にて、朱とともに標本事件に関係した槙島の確保に成功するが、捜査権を上層部に奪われたあげく逃亡されてしまう。槙島の再追跡を強く望むが、上層部の思惑から不当に殺処分されそうになり、一係の機転と協力によって公安局を離脱する。征陸から提供されたセーフハウスに潜伏し、リボルバー式拳銃(スターム・ルガーSP101〈en:Ruger SP-101〉)を手に入れ、一係に手がかりを残しつつ槙島を追う。ウカノミタマ管理センターにて槙島にナイフで傷を負わせた後、施設外に逃げた槙島をリボルバーで撃ち殺し、そのまま姿をくらませた。その後、日本を発ち、中国、香港を経由して東南アジアへと渡る。2期では、朱が自分の考えを補完する際の幻影の対話相手として登場する。劇場版ではSEAUnにて反体制勢力の戦術顧問を務めている。
引用:「”PSYCHO-PASS”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月12日 (日) 08:14″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

折木 奉太郎

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★

おもしろさ★★

性格★★★★

出演アニメ氷菓

特徴
シリーズの主人公。神山高校の男子生徒。1年B組→2年A組所属。鏑矢中学校出身。身長172センチメートル。誕生日は4月28日。「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする省エネ主義者。その性格ゆえ、校内の部活動にも特に興味を示さなかったが、姉からの勧め(脅迫)をきっかけに廃部寸前だった古典部に入部する。そこで出会った千反田えるに推理力を見込まれ、しばしば成り行きで探偵役を務めることになる。積極的に行動して解決することはなく、その場の状況と手がかりから脳内で推理を組み立て解決していくスタイルであり、考え込む際には前髪をいじる。幾つかの「事件」を解決したことで周囲から賞賛を得るも、本人はそれがただの運、あるいは閃きによるものにすぎないとしている。心中でしばし「さいですか」とぼやく癖がある。自身の省エネ主義ゆえに人間関係は基本的に淡白で、人づきあいが悪いわけではないが良いわけでもない。性根は優しいとえるからは評されている。親友の福部里志ともお互いの家に遊びに行く仲ではなく、とりとめのない会話を学校・下校中にする程度であった。えるに振り回されるように事件を解決していく中、高2の春休みの生き雛祭での事件にて、えるへの好意を自覚した。学業成績は平均点レベル(1年時一学期の中間考査では、学年350人中175位)で、雑学などの知識はやや乏しく、時に勘違いした発言や行動をすることがある。部室ではおとなしく読書していることが多い。あまりミステリーは読まない。自室には姉の残した本もある。父親・姉と同居しているが、作中で母親の存在は描かれていない。えるを「千反田」、里志を「里志」、摩耶花を「伊原」と呼ぶ。
引用:「”〈古典部〉シリーズ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月25日 (土) 23:33 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

周防 尊

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★

性格★★★★★

出演アニメK

特徴
第三王権者「赤の王」。吠舞羅のキング。赤い短髪の男。24歳。8月13日生まれ、獅子座のB型。身長185cm。仲間たちからは大きな信頼と畏敬の念を抱かれている。寡黙で一見無気力だが気性は荒く、胸の内には激しい情動を抱えている。草薙曰く「努力や制御を嫌う性格」。赤の王の力として強力な炎の力と身体能力を有している。彼と同じく赤のクランズマンは炎に由来した能力を扱う。右腕である草薙とは最も古い付き合いで気心が知れており、殺気を感じて寝ぼけてバーの2階の部屋を燃やした後は素直に謝罪していた。学生時代から自分を「キング」と慕っていた十束の「王はこういうものである」という言を聞き入れているものの、己の本質との間に軋轢が生まれ、鬱屈とした様子を見せることも多かった。制御困難な巨大な力で大切なものを失うことを恐れる一方、己の中にある破壊衝動への誘惑も自覚している。自身のダモクレスの剣の状態を理解していてもなお、自らの手で十束を殺害した犯人を屠ることを望んだ。耳にはその十束の血が入ったピアスをつけている。第四王権者「青の王」である宗像とは対立しているものの力は認めており、十束の事件後は「ゆっくり休むため」にセプター4に拘束されていた。また、宗像との最後の戦いでは、楽しそうな様子で力の限り戦っていた。十束多々良殺害事件の犯人を殺害後、ヴァイスマン偏差が限界を超え、ダモクレスダウンが起きる寸前の状態になる。ダモクレスダウンに自分のクランズマンや町を巻き込まないように、宗像に自分を殺すよう頼み、宗像の刀に貫かれて死亡した。享年24歳。
引用:「”K (アニメ)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月20日 (月) 21:29″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

ルツ(Lutz)

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメヨルムンガンド

特徴
金髪の白人男性。20代後半で、元警察対テロ部隊の狙撃手。軽口が目立つお調子者。狙撃の腕を買われて主に精密狙撃を担当している。その神業とも言える狙撃術でブレイザーR93強装弾を使った900mの長距離射撃で敵の目標部位二箇所の狙撃(胸を撃って膝を付いたところの頭部狙撃)を正確にこなし、不安定な船上からの狙撃でも300m程度先の敵の銃器のみを破壊。イラクで車列を襲撃された時はトラック運転席の天井に二脚で固定した狙撃で、高い丘にいる狙撃手の右目をスコープごと撃ち抜いた。他のメンバーとは毛色の異なる警察出身であるためか野戦を苦手としており、森林で元山岳兵のヨナから特訓を受けた時などは散々に打ち負かされている。自身の狙撃の腕を子供を撃つために磨かれたものではないと主張し、女子供の敵を撃つのを躊躇うなど非情になりきれないところがある。また、南アフリカでカレンの部隊と戦闘した際に尻に被弾してから物語終盤まで、本人も「呪われているのか」と思うくらい何度も同じ所を負傷している(銃創以外にも様々な傷を負っているが、いずれも命に別状はない)。「計画」が本格化するにつれ、変容していく任務にヨナ同様困惑を示していたが、その内容が明かされた後は一転して賛同した。ヨナが離脱してる間中、ずっとイジられ役にされていたらしい。警察出身らしく、ブレイザーR93やH&K MP5など精度を重視した銃器をよく使用する。
引用:「”ヨルムンガンド (漫画)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月31日 (火) 06:33″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

ヒデノリ

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★

強さ★★

おもしろさ★★★★★

性格★★★

出演アニメ男子高校生の日常

特徴
茶髪で眼鏡をかけている。基本的に頭の悪い発言が目立つ。実は目が良く視力は2.0だが、なぜ眼鏡をかけているかは不明。甘い物が苦手で、占いは信じない。ヨシタケと同じく乙女座。助走無しで5mの距離を飛び移ったりするなど、反射神経と身体能力の高さを劇中では見せているが本人曰く運動は得意ではないらしい。ゲームセンターのクレーンゲームが好きだが決して得意というわけではなく、失敗してはお金を浪費している。本人は景品には興味が無く、クレーンゲーム自体や景品を手に入れたという達成感が好きなだけと語っているが、景品を手に入れられなくて残念そうにしたり、手に入れた景品を大切に抱えて持ち帰ったりする。漫画好きで、たまに創作をしてはヨシタケに見せているが技術に乏しく評価は芳しくない。漫画のようなシチュエーションに憧れている。将来は海外に出て人の役に立つことがしたいと語っている。タダクニとともに手芸部の入部希望者の面接をしているシーンがあるが、手芸部所属かどうかなのかは定かでなく、活動しているようにも見えない。小学生の頃はいじめられっ子で、「ラバーシューター」というヒーローに助けられたことがあり、長年尊敬していたが、ある出来事からその思いを捨てている。今尊敬している人物は野口英世。ヨシタケ、タダクニとは中学校からの付き合い。
引用:「”男子高校生の日常”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月30日 (木) 06:41″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

坂本 竜太

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★

性格★★★

出演アニメBTOOOM!

特徴
男性、22歳、B型、無職、東京在住。初期BIMタイプはタイマータイプ。身長176センチメートル。本作の主人公。専門学校中退後、自室に引きこもってオンラインゲームに興じているネットゲーム廃人。コンビニ帰りに突如、見知らぬ男たちに連行されて南海の孤島に放り出され、爆弾を使ったサバイバルゲームを強要されることになった。小学生のころは、何事も人並み以上の成績を収められる秀才だったが、その矢先に出会ったネットゲームの世界に魅了されていく。一方、両親とは昔から折り合いが悪く、さらに高校時代の友人の恋愛絡みの裏切りなど、現実のごたごたから逃げるようにネットの世界に入り込み、そこでも優れていたためにプライドが肥大化。そして、現実に翻弄された彼は他人を見下し何事もすぐに投げ出してしまうようになってしまい、母親とも不仲になっていった。そのため「消えて欲しい者」として指名された人物が連行されてこのゲームに参加させられているシステムを知り、自分は母親に「消えて欲しい者」として指名されたと思うようになっていく。しかし、命がけの状況でも足をくじいた平を逃がすために1人戦ったり、気絶したヒミコを背負ってコモドオオトカゲの群れから逃げたりと他人を見捨てられない正義漢でもある。ヒミコや平との関係の中で様々な苦難や喪失を乗り越えていくうちに、人間的に大きく成長していく。天才的なゲーマーであり、いくつものワールドレコードを叩き出している。ネットゲーム「BTOOOM!」でも四つ星プレイヤーで日本人唯一の世界トップ10ランカーだった。殺人ゲーム参加時、着ていた服の下に「BTOOOM!」の公式Tシャツを着用していた。
引用:「”BTOOOM!”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月29日 (水) 21:35″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です