【2013年】アニメキャラ ランキング(男)TOP10を紹介

出典:公式

<目次>

芦屋 四郎
結城 哲也
比企谷 八幡
暁 古城
神原 秋人
金城 真護
レド
杉崎 鍵
大門 カイト
逆廻 十六夜
 

芦屋 四郎 / アルシエル

出典:公式

総合評価★★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★★★★

性格★★★★★

出演アニメはたらく魔王さま!

特徴
魔王軍四天王の1人にして悪魔大元帥。元々は魔界の豪族「鉄蠍族」の長でアドラメレクが長を務める「蒼角族」とは長年敵対関係にあった。激戦の末サタンの軍門に下り、彼の腹心となった魔王軍一の知将。魔王軍のエンテ・イスラ侵攻の際には東大陸を受け持っており、最も早い段階で制圧していた。勇者エミリアに敗れた後、魔王と共に日本へ逃げ込んだ唯一の部下。人間としての容姿は長身体躯で銀色の髪を無造作に伸ばしている。日本に来た当初は真奥と共に日雇いの仕事をこなしていたが、真奥から役割分担を提案され、それ以降は魔力回復の手段の探索および専業主夫を務めている。1年近く主夫業を続けているため家事は玄人レベルで、空いた時間に博物館などへ出かけて情報収集を行なう日々を送っている。また魔力回復手段調査の傍ら図書館では書籍の写経に勤しんでおり、彼が収集した情報ノートは魔王城の貴重な財産となっている。家計を預っているため無駄遣いや生活態度の乱れに厳しい。短期アルバイトをすることもあるが、漆原に家事を任せることができない現状から長期のアルバイトは断念している[注 8]。恵美のような例外を除き口調や物腰は基本的に誰に対しても丁寧。人間のことは当初内心見下した態度を取っていたが、千穂や梨香など信頼できる人間たちと接していくうち、徐々に認識を改めていく。 恵美や鈴乃とは基本的には敵対姿勢を崩していないが、鈴乃とは同じ台所に立つもの同士、話の合う場面が多い。悪魔としての力を取り戻すと、必要なこと以外は喋らない寡黙な性格に変化する。戦闘では魔力による念動力や糸を駆使し、更にその防御力は「魔王軍最硬」とされ、ガブリエルの持つ「聖剣デュランダル」を弾くほど。観察力にも長け、木崎も初対面時の彼の観察力と商才を非常に高く評価している。文武ともに優れた真奥の片腕であるが、地球に来てからは重要局面で蚊帳の外になっていることが多い。真奥が覇道として掲げた夢を「食材の沢山ある冷蔵庫=万人が食うにも困らず幸せに居られる世界」に例え、現在の貧乏ながらも精神的に豊かな日常にまんざら悪い気ではない模様。ただし、積極的に日本の人間社会に溶け込んでいく真奥と違い、彼自身は人間達との間に一定以上の心理的距離を置いている。
引用:「”はたらく魔王さま!”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月13日 (月) 12:19″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

結城 哲也

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメダイヤのA

特徴
青道野球部OB。一塁手、背番号3( – 3夏)、打順は4番( – 3夏)。同世代における野球部主将。右投げ右打ち。チャンスでの勝負強さと冷静さ、人並み外れた集中力を武器とする青道高校の4番打者。大阪桐生の監督である松本からは「別格」と評されている。プロからも注目されているが、現役中はチームを甲子園に連れて行くことしか考えてなかったため、プロには興味がないと言っている。長打・強打・巧打を兼ね備えているが、普段はあまりホームランを狙わない。中学時代から実力はあったが体が小さく守備も下手で、あまり目立つ存在ではなかった。周囲から「不作の年」と呼ばれ、期待の薄かった彼らの世代の中にあって、1年生時は1日500スイングと自らに課題を掲げ黙々と練習を重ねていた。努力を重ねる彼の姿は同世代のチームメイト達を鼓舞し、世代全体が大きく成長し、強力な野手陣が揃う結果を生み出した。そしてプレーでチームを牽引するリーダーシップを認められ、片岡監督や同級生の総意を持って主将に指名されることとなった。自分達が引退した後の新チームの主将の座を、自分達が敗れたチームを率いていた、稲城実業の主将にして4番であり正捕手である原田を越えてほしい、という期待を込め、御幸へと託した。
引用:「”ダイヤのA”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月19日 (日) 03:52″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

比企谷 八幡

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★

おもしろさ★★★★

性格★★★★

出演アニメやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

特徴
8月8日生まれ。A型。座右の銘は「押してだめなら諦めろ」。本作の主人公。総武高校2年F組に所属している男子生徒。作品全体を通しての語り手でもある。雪乃からは「比企谷君」、結衣からは「ヒッキー」(他人に紹介する際は「比企谷君」)、彩加からは「八幡」、優美子からは「ヒキオ」、葉山達からは「ヒキタニ君」(葉山だけは後に「比企谷」)と呼ばれている。幼少時からずっと友達ができず、周囲からは存在を軽んじられたり、上っ面だけの優しさに裏切られたりしたなどの経験から幾多のトラウマを抱えており、他人からの好意を信じることができなくなったために優しくされても罰ゲームなどで必ず何か裏があると見ており、特に女子に対して強い警戒心と猜疑心を抱いている。また、「誰にも愛されず、人間の醜い部分ばかりを見せつけられてきた」という修羅場を長年潜り抜けてきたことから来る経験とそこから来る猜疑心の強さから洞察力は確かなようで、表面的な現象や世俗的な正義のみにとらわれることなく、作中の登場人物の内面や行動の思惑、そのような結果などを良く察知しており、現在では友達を作ることを諦めて「ぼっち」であることを誇りにさえしている。静には「純粋すぎる」と評され、裏切られ続けた故に建前と同情による交友関係を嫌っており、それで成り立っている関係や行動には否定的であるが、逆に言えばそうしたものがない純粋な友情を尊んでいる。また、自分自身の他人に対する期待や評価が外れていると例え対象の人物が不誠実で自分が不利益を被っても「自分のイメージの押しつけであり自業自得」と割り切って自己嫌悪するなどの内罰的なところがある。また、前述のトラウマ等により、自分が他人から良いように思われていないと認識しているためか他人の自分自身に対する感情には疎く、結衣の好意や雪乃等の異性から意識されていることに気付いていない[注 3]。雪乃とはまた違った意味切れ者と言わしめ、静から”人の性格的特性とその行動の動機を見抜く能力は高い”と評価されており、それ故にその能力に関しては雪乃や葉山からも一目置かれている。ただ、それは自分ならどうするか、どう感じるかが根っこにあるため陽乃からは”自意識の怪物”という皮肉を言われたりしてる。
引用:「”やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月19日 (日) 21:54″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

暁 古城

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメストライク・ザ・ブラッド

特徴
本作の主人公。世界最強の吸血鬼“第四真祖”の少年。私立彩海学園高等部1年B組。元来はごく普通の人間だったが、本編の約3か月前に先代の“第四真祖”アヴローラからその能力を受け継ぐことになる。当初、その際の記憶は封じられており、思い出そうとすると激しい苦痛に襲われていたが、のちにアヴローラに変装したジャーダとの戦闘やその直後に受けた監獄結界での魔導書“No.14”の記憶の追体験により、断片的に記憶を取り戻した。第四真祖となる4年前、妹の凪沙と共に参加した「12番目の妖精の柩」の発掘で黒死皇派のテロリストたちの襲撃に遭い、凪沙を助けるためにとっさに自らの血を捧げてアヴローラの“血の従者”となり、結果的に一命を取り留めた。1年前の時点でそれに関わる記憶がなく肉体的な変化も皆無であったが、アヴローラが覚醒した後は第四真祖の“血の従者”としての能力が上がり、“原初のアヴローラ”を倒した際に第四真祖のすべての力をアヴローラから与えられた。第四真祖になったことは、魔族嫌いの凪沙への配慮や発覚後の影響への考慮から隠していた。また、吸血鬼としての体質や第四真祖として事件に巻き込まれるせいで遅刻や無断欠席の常習犯となっており、担任教師である那月のフォローによって追試や補習を常に抱えながら通学している。
引用:「”ストライク・ザ・ブラッド”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月18日 (土) 15:21″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

神原 秋人

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメ境界の彼方

特徴
本作の主人公。文芸部副部長の高校2年生。誕生日10月7日、血液型A型。身長171cm。ツッコミ上手かつ自他共に認める大の眼鏡フェチの少年であるが、正体は異界士の母と妖夢の父の間に生まれた「半妖夢」(アニメ版「半妖」と同じ性質かは不明)。そのために不死身という特性を持つが、これは正確には常人なら死に至る負傷から死なずに再生できるだけであり、それ相応の痛みは生じる。また、ある条件下で自我を消失し、破壊と殺戮に長けた妖夢としての特性が暴走してしまう「獣人化」の危険性を孕んでいる。暴走時は元の身長体重からは想像できない質量となり破壊衝動に従って行動する。身体は鋼のような強度を持ち、全身から猛毒を伴った瘴気を放つ。腕を振るうだけで周辺の障害物を腐敗させる程の衝撃波を放つ。かつては上記の正体を隠しながら放浪生活をしていたが、現在は博臣らと停戦協定を結び、名瀬の管轄する地域に滞在している。また、眼鏡愛ゆえに相手に気づかれないほどの速さで眼鏡をかける技術も体得しており、突然度の強い眼鏡を掛けられた相手は一瞬錯乱する戦術性もある。〈アニメ〉人間と妖夢の間に生まれた「半妖」。限度を越えたダメージを受けるなどすると自我を消失し、破壊と殺戮に長けた妖夢としての特性が暴走してしまう危険性を孕んでいる。暴走時は異能力を無効化する咆哮や、1発で大爆発を起こす火炎弾を放つ。また、彩華曰く「以前よりも成長している」ため、博臣・彩華・二ノ宮ら3人でも抑えることができない存在と化す。
引用:「”境界の彼方”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月13日 (月) 12:33″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

金城 真護

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★

出演アニメ弱虫ペダル

特徴
総北高校3年生(作中の時間経過で卒業→洋南大学理学部)。総北高校自転車競技部主将。12月1日生まれ。射手座。血液型O型。2年時からエースを張るオールラウンダー。愛車はトレック(アニメ版では「TRAK」に変更)。坊主頭に度入りのスポーツサングラスが特徴。どんな逆境でも決して勝負を諦めない精神力の持ち主であり、「石道の蛇」の異名を持つ。あえて過酷な試練を与えることで、坂道ら後輩の素質を引き出そうとしている。無口で厳しい一面もあるが、根は優しくて実直。インターハイでのゼッケン番号は171。1日目、箱学・福富と京伏・御堂筋と熾烈なトップ争いの末に同着1位となる。しかし2日目、今泉を精神的にサポートしつつトップ争いに絡んだものの、惜敗。3日目には前日の無理が祟って足に異常をきたしながらもトップグループを維持していたが、ゴールを目前に足が限界に達し、坂道たちへ後を託しつつリタイアした。卒業後、洋南大学でも自転車競技部に入部、元・箱根学園の荒北とチームメイトになった。
引用:「”弱虫ペダル”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月15日 (水) 03:27″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

レド

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★

性格★★★★

出演アニメ翠星のガルガンティア

特徴
本作の主人公。16歳。人類銀河同盟軍の少尉。身長:173cm。ヒディアーズとの戦いでの撤退時に転移事故に巻き込まれて地球に飛ばされ、海底に沈んだ乗機・チェインバーの中で冷凍睡眠していたが、約半年後、そのチェインバーを発見したベローズにチェインバーごと引き上げられた。そして、自分やチェインバーが起こす損害の賠償や自らの食い扶持を稼ぐために船団で働くことになる。一見非効率的に見える船団の文化の違いに戸惑いながらも、その独特の発想を理解しようと努める寛容さと生真面目さによって人々と交流を深め、徐々に変わってゆく。当初は地球の人々との会話をチェインバーの通訳を通してしか行えず、考えることもチェインバー任せにしていたが、自身も言葉を覚えるよう努力して日常会話程度は通訳なしにできるようになり、自分の意志や感情に基づいて動くようになった。暇な時はレーザーガンを使い、ヒディアーズの牙を材料にしてオカリナに似た笛を制作している。この行為は幼い頃に処分された弟分の少年・ロンドに贈り物をしたことに由来し、彼のことを記憶から消されても無意識に笛を作り続けていた。後に古代遺跡基地からヒディアーズに関する重大な情報を知り苦悩し、その直後に再会するクーゲルによって重大な決断を迫られることになる。悩みの末にクーゲルと敵対する道を選び、彼らの次の目標となったガルガンティアを守るため、チェインバーに搭乗してストライカーと戦うも、クーゲルが既に死んでいたことを知る。その後は自らを神と名乗るストライカーを倒すため、チェインバーと機械化融合を果たし、自分の生命維持も構わず限界まで戦闘を行うが、レドの成長を知り、彼は生きるべきだと判断したチェインバーにより同盟軍兵士としての軍籍を剥奪され、コクピットを分離されて一人生還する。全てが終わった後は、ガルガンティアへと戻りエイミーや船団の仲間達と暮らしていく道を選んだ。なお、チェインバーとの会話に使っていた通信デバイスは彼の手元に残っている。『ぷちっとがるがんてぃあ』劇中では、本編以上に傷つきやすく落ち込みやすい性格で、凹むとカタコトになる。小説『遥か、邂逅の天地』では18歳となり、すっかり船団に馴染んでいる。ユンボロの操縦も腕を挙げ、ベローズから船の操縦を覚えないかと誘われている。ガルガンティア船団が陸地に寄港した際にラッセルやスカヤと出会う。
引用:「”翠星のガルガンティア”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月17日 (金) 07:57″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

杉崎 鍵

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメ生徒会の一存

特徴
本作のもう1人の主人公。生徒会の日常を綴る筆者。血液型は典型的なA型。私立碧陽学園生徒会副会長を務める2年生でB組所属。容姿はそれなりに良い。生徒会の会話では基本的にツッコミ役であるが、自身もボケをかましてメンバーからツッコまれることも少なくない。彼のボケは狙ってやっているように見せかけて、天然という部分が9割であり、深夏と自分がそれぞれのブレーキ役となっているために互いが存分にボケられている。入学当時の成績は底辺レベル(アニメ版では最下位)だったが、美少女揃いの生徒会に入るため一年の間の猛勉強の果てに年度末でトップの成績を取り、成績優秀者が希望すれば生徒会入りできる「優良枠」で現在の役職に就いた。くりむからは「杉崎」、深夏からは「鍵」、真冬からは「杉崎先輩」、知弦には「鍵」という名前から「キー君」と呼ばれている。自他ともに認めるエロゲ(アニメ版1期では全年齢対象版。Lv2では原作設定)・ギャルゲマスターで自らインドア派と認めている。さらに、自分以外は美少女だらけの生徒会を「俺のハーレム」と公言してはばからない(他の役員は誰もそのことを認めていない)が、それを主張することで特定の個人と特に仲を深めることを防いでる節が見られている。ただしゲームでは肝心のシーンは恥ずかしくて飛ばしてしまうため、その手の語彙は実は貧困である。生徒会唯一の男子であることや度々放つセクハラ発言のせいもあって、他の生徒会メンバーからぞんざいな扱いを受けることもあるが、根は善人なので、「この学校で、あいつのことホントに嫌いな人間なんて一人もいない」(くりむ談)らしい。また、深夏には「あたしよりも人の中心」と評されている)。深夏がいないと寂しいらしく、そこをからかわれたこともある。
引用:「”生徒会の一存の登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月6日 (月) 22:28″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

大門 カイト

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★

性格★★★

出演アニメファイ・ブレイン 神のパズル

特徴
本作の主人公。√学園高等部1年(第3シリーズより2年。以下同様)で特待生。4月27日生まれ。ネギが苦手。決め台詞は「俺に解けないパズルはねぇ」「パズルタイムの始まりだ」。「アインシュタインの称号」の持ち主[注 3]。パズルを見て、作った者の「想い」を感じ取ることが出来る。軸川ソウジからもらった端末に届くデータをきっかけに、望まずして「財」オルペウスの腕輪と称号を手に入れ、神のパズルを解くファイ・ブレインに最も近い存在として、POGのギヴァー達から様々な「賢者のパズル」に挑戦させられることになる。POG曰く、「オルペウスの腕輪に選ばれた者」。POGとの戦いの中、徐々にファイ・ブレインへと覚醒しかけるが最終的にファイ・ブレインになる事を拒む。少年時代に愚者のパズルで両親を亡くしている。その後バロンに引き取られ、一時期イギリスのクロスフィールド学院に留学していた。なお彼の両親の葬式の際に彼を慰めようとしたノノハのお菓子を食べるも強烈に不味かったようで、それ以降ノノハの作るお菓子を「ノノハスイーツ」と呼んで激しい拒絶反応を示しているが、第1シリーズの終盤に普通に食べられるようになった。その後、ルークの計画を阻止するため、ノノハに別れを告げ、オルペウス島へと向かった。そして追いついて来た仲間達が見守る中、ルークとの決着をつけ、彼をオルペウスの腕輪から解放する。
引用:「”ファイ・ブレイン 神のパズル”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月26日 (木) 07:30″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

逆廻 十六夜

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★

出演アニメ問題児たちが異世界から来るそうですよ?

特徴
本作の主人公。2000年代から箱庭の世界に招かれた問題児の1人である17歳の少年。旧姓は西郷。親は第三永久機関であるナノマシン“第三種星辰粒子体”の製作者であり、西郷焰は実弟にあたる。焔の製作物の“Crescent moon”シリーズの炎のマークがついたヘッドフォンを付けていたが第1部3巻で壊れた。第三永久機関の開発方法を得た国家や組織の手によって世界は滅亡の危機を迎えた時に、第三永久機関の力を得て世界の滅亡を阻止する英雄。間接的に世界を救う場合は第三永久機関の開発者として、直接的に世界を救う場合は第三永久機関の被験者として救う。十六夜の場合は後者で、胎児の時に星辰粒子体の原典を埋め込まれている。本来は箱庭に来るどころか金糸雀と接点を持つはずさえなく、もう少し未来に生まれるはずだったが、旧“ノーネーム”の人類史に対する干渉で彼の出産時期が大きく前後し、金糸雀たちが新たな神群を作り“原典候補者”を擁立しようとしたところに、その干渉の中で逆廻十六夜という可能性を掘り当て人類の“原典候補者”になった。金糸雀は彼の存在を“Last future of Embryo”と呼び、最強の“原典候補者”と評している。本人は偶然と言っているが、クロアは逆廻十六夜という人間だけが、何らかの形で必ず世界を救う可能性があり、それは恩恵の有無ではなく、彼の持つ絶大な力がなくとも魂がそのような形をしていたからこそ原典候補者に選ばれたと言っており、十六夜の恩恵は因果律が逆転している。過去を救ったために得られる恩恵ではなく、未来を救うことを約束されているために祝福された恩恵[5]。十六夜が箱庭に召喚される可能性があると判断された段階で、歴史を修正するために逆廻十六夜のスペア、代行者として西郷焰が生み出された。
引用:「”問題児たちが異世界から来るそうですよ?”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月9日 (木) 09:37″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です