2015年の相対的に見て最高のアニメキャラ(男)9選を紹介

出典:公式

 

黄瀬 涼太

出典:公式

総合評価★★★★★

見た目★★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★

性格★★★★★

出演アニメ黒子のバスケ

特徴
身長:189cm(中学1年時171cm) / 体重:77kg / 誕生日:6月18日海常高校1年生。ポジションはSF。背番号は7(中学時代は16→8)。バスケット歴わずか2年にして「キセキの世代」に名を連ねた天才。両目尻の長い睫毛、左耳のピアスが特徴の美男子。道行く先で女性に騒がれるほど整った容姿を持ち、現役のファッションモデルとしても活躍している。公式ファンブックでも”美貌”とまで評されている。認めた相手の名前を「○○っち」とつけて呼び、語尾に「〜っス」とつける話し方が口癖。社交的な性格だが、気に入らない相手には横柄で見下すような態度を取る。当初は先輩に対しても生意気に振る舞い、笠松に傲慢な言動を叱咤されていたが、誠凛に練習試合で敗北したのを機にモデルをほぼ休業するなどバスケに対して真摯な態度を取るようになり、エースとしてチームメイトの信頼を得ていく。自称「黒子っちの親友」。誠凛の試合会場にもたびたび足を運んでおり、黒子と火神に肩入れするような描写も多い。
引用:「”黒子のバスケ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月14日 (火) 01:30″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

サイタマ

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★★★

性格★★★★

出演アニメワンパンマン

特徴
C級388位(最下位)→C級342位→C級5位→C級2位→C級1位→B級101位→B級63位→B級33位→B級7位→A級39位(現在)。物語の主人公。25歳。身長175cm、体重70kg。引き締まった筋肉質の体をしている。ハゲ頭の男性で、ヒーローとして活動する時は赤い手袋とマントのついた黄色のスーツを着用。私服のファッションセンスは壊滅的。好物は白菜と海藻類。あまりにも強すぎるため、やる気がない状態でもほとんどの敵をパンチ一発で倒し、吹き飛ばされたりといった影響は受けても傷一つ負わない頑強な肉体を持つ。本編開始(1撃目)から3年前、就職活動中であったが不採用続きで失意の中、偶然出くわした顎の割れた少年を怪人から助けたことをきっかけに、幼い頃になりたかった「ヒーロー」になることを決意。3年間ひたすら「腕立て伏せ・上体起こし・スクワット各100回とランニング10㎞を体調に異変があっても毎日やる」「朝はバナナでもいいから毎日三食欠かさず食べる」「精神を鍛えるため夏冬問わずエアコンの使用厳禁」といういたって単純なトレーニングに励み、本人曰く、頭髪が全て抜け落ちるほどに自分を追い込んだ末に現在の異常な強さを得たが、周りからはそれが理由で強くなったとは思われておらず、実際にこれほどまでの強さを得た理由は本人もよく分かっていない。元の知名度の低さに加え、怪人を倒したことの自己アピール・協会への報告を全くせず、強すぎるがゆえにインチキと決め付けられることもあるため、常に金欠気味であり、物語途中まではZ市郊外の廃墟で細々と暮らしていた。本人曰く「趣味でヒーローをやっている」ので他人の評価は気にしていないと語っているが、ヒーローとして認知されていないことは結構気にしている。性格はマイペースで緊張感に欠け、非常に物臭な一面がある。興味のないことは基本的に無視するので、過去戦った相手が対抗心を燃やし再戦を挑んできても、完全に忘れていることがほとんど。村田版では中学生の頃から集団や社会になじめず無気力な生活を送り、当時から感情の昂ぶりを求めていた。
引用:「”ワンパンマン”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月16日 (木) 03:48 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

ガクト / 諸葛 岳人

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★

おもしろさ★★★★★

性格★★★

出演アニメ監獄学園

特徴
通称「ガクト」。「練馬一の知将」を自称する男子の司令塔的存在で、歴史からITまで幅広い知識を持つ。語尾に「ゴザル」をつけるのが口癖。筋金入りの三国志オタクで、限定版「関羽雲長&赤兎馬フィギュア」を入手するためにキヨシの脱獄計画に加担し、目的のためには脱糞や剃髪を厭わないなど、三国志への愛は深い。一方で個人的な私欲よりも友情をとるといった熱い面もあり、そこでも身を挺して活躍することが度々ある。出獄後はみつ子と共通の趣味である三国志を通して親しくなり、徐々に表生徒会の仕事を手伝うようになる。その最中に「ある行事の廃止」の事実に気付き、みつ子との関係に苦悩しながらも裏生徒会の復権へ向けて万里の脱獄計画に協力する。騎馬戦では裏生徒会側につきPBRを騎手に先頭騎馬役として参加。体育祭での活躍によりそれまでの汚名を返上した。
引用:「”監獄学園”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年4月5日 (木) 15:01″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

空条 承太郎

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★★

強さ★★★★★

おもしろさ★★

性格★★★★

出演アニメジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

特徴
1970年または1971年生まれのみずがめ座。日本人と白人の混血で、血液型はB型。身長は195cm、体重は82kg。瞳の色は「ややグリーン(原作表記に基づく)」、髪の色は黒。父は日本人ジャズミュージシャン・空条貞夫、母はジョセフ・ジョースターとスージーQ夫妻の一人娘ホリィ。空条徐倫は実娘(長女)に当たる。常に寡黙かつ沈着冷静だが、根は激情家で正義感が強い。沈着冷静であることが後述のスター・プラチナと相まって承太郎の強さの要因となっている。スタンドを除く戦闘スタイルは「敵の背後をとる」ことが多い。頭の回転が速く、口癖として「やれやれだぜ」とつぶやくことが多い。
引用:「”空条承太郎”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月9日 (木) 12:39″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

黒鉄 一輝

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★★

おもしろさ★★

性格★★★★★

出演アニメ落第騎士の英雄譚

特徴
伐刀者ランク:F 攻撃力:F 防御力:F 魔力量:F 魔力制御:E 身体能力:A 運:F本作の主人公。破軍学園1年1組。10年に1人の劣等生と蔑まれる最低のFランク騎士。二つ名は「落第騎士(ワーストワン)」、後に「無冠の剣王(アナザーワン)」「七星剣王(セブンスワン)」。固有霊装は刀型の「陰鉄」。高ランク騎士を輩出する名家・黒鉄家に生まれるも、その劣った才能故にまるで「存在しない」かのように扱われる幼少期を過ごすが、曽祖父・黒鉄龍馬との出会いによって生きる目標を見つけ、騎士を志す。その後は黒鉄家を出奔し中学生時代は道場破りをしながら各地を巡る生活を送る。破軍学園に入学するも黒鉄家からの圧力で設置された能力値選抜制により授業を受けることすら認められずに1年を過ごすが、翌年に新理事長となった神宮寺黒乃が能力値選抜制を廃止したことでようやく授業を受けられるようになる。そのため初年度は留年しており、他の1年生より1つ年上であり、2年生と同い年である。また、七星剣武祭優勝が卒業条件とされている。剣の道に生き、またその境遇ゆえに危険を顧みずストイックすぎる一面もあるが温和で礼儀正しい好青年であり、容姿も良いことから騎士として名声を得るに従って女性からの人気も高くなっている。しかし恋愛面では極めて鈍感な上、あくまでステラ一筋である。そのステラに対しても肉体関係を持たずにいたが、「ステラの両親に挨拶もしていないのに手を出すわけにはいかない」という考えと自制心の賜物であり、人並みに性欲はある。魔力量が平均の1/10程度である上に、能力である「身体能力の倍化」も伐刀者であれば能力の種類を問わず同様のことができるという程度の代物だが、毎日20kmのランニング(ただのランニングではなく全力疾走+ジョギングで緩急をつけて高負荷をかけるスタイル)を始めとする様々なトレーニングで磨き上げられた超人的な剣技を含む卓越した戦闘技術や精神力、身体能力を持ち、体技の一点においてはトップクラスの判定を受けており、並の伐刀者相手なら異能や固有霊装を使わずに相手を撃退できる。
引用:「”落第騎士の英雄譚”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月16日 (木) 03:49″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

長谷川泰三

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★

おもしろさ★★★★★

性格★★★★

出演アニメ銀魂

特徴
誕生日:6月13日 / 年齢:38歳 / 身長:179cm / 体重:67kg婿養子。かつては幕府の入国管理局局長だったが、銀時とのトラブルで警護対象者のハタ皇子を殴る不祥事を起こしクビにされた上、妻のハツにも逃げられ、自身は切腹を命じられたが怖気づいて逃亡。その後も様々な職を転々とするが、トラブルなどが原因で悉くクビになっている(大半は仕事先で銀時らのキャラクターがかかわってくるのが原因である)。今や住む家さえなく(家賃滞納の常習犯で歌舞伎町界のブラックリストに載っているため)、路上生活をしている。「まるでダメなオッさん(もしくは、夫)」略して「マダオ」と呼ばれている。神楽からは当初「おじちゃん」などと呼ばれていたが、現在では完全に「マダオ」と呼ばれている。幕府の入国管理局局長のときは、当初は民間人の命よりも自身の任務を優先にするなど、冷徹で非情な性格ではあったものの、自分の生き方を貫く銀時の姿に動かされ、「赤ん坊1人の命など知ったことではない」と吐き捨てたハタ皇子を再び殴り飛ばし、解雇を承知の上で妊婦を病院に送り届けるなど、人情に厚く気のいい人物として描かれるようになった。基本的にとことん運が悪い。劇中では大五郎や千春など、父親が何らかの理由で居なくなってしまった子供の父親代わりとして描かれる事があり、その度にマダオからの脱却のチャンスを手にしているが、いずれもその家族の幸せのために棒に振っている。彼の常にこだわりとして「結構高かった」グラサンを愛用している。グラサンの中の目は、感情が込められていない瞳をしている。周囲からは長谷川=グラサンという認識がされている。
引用:「”銀魂の登場人物一覧”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月15日 (水) 07:17 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

高城 丈士朗

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★★

かっこよさ★★★★

強さ★★★

おもしろさ★★★

性格★★★★★

出演アニメCharlotte

特徴
星ノ海学園生徒会員。「瞬間(超高速)移動」の能力者で、制約は真っ直ぐしか進めないこと。能力発動によるバックファイアで病院送りになり兼ねないことから、身体を鍛えたり、制服の下にプロテクターを仕込んだりと安全対策を施している。西森柚咲のディープなファンで、かなり詳しいだけでなく言動がおかしくなるほど。前述の瞬間(超高速)移動をネタにして、コミックマーケット88では走っての移動を禁止することを促すために使用されたり、BS11とのコラボCMで同局のマスコットキャラクター「じゅういっちゃん」と共演を果たしている。
引用:「”Charlotte (アニメ)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月21日 (土) 12:46″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

ベル・クラネル

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★

強さ★★★

おもしろさ★★

性格★★★★

出演アニメダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

特徴
職業 : 冒険者 / 性別 : 男 / 年齢:14歳 / 種族 : ヒューマン / 身長:165cm武器 : 《短刀》《シュワイザーデーゲン》《ヘスティア・ナイフ》《牛若丸》《牛若丸弐式》《白幻》/所属 : 【ヘスティア・ファミリア】 / ステイタス : Lv.4発展アビリティ : 《幸運《耐異常》《逃走》スキル : 《憧憬一途(リアリス・フレーゼ)》《英雄願望(アルゴノゥト)》《闘牛本能(オックス・スレイヤー)》 / 魔法 : 《ファイアボルト》本作の主人公。【ヘスティア・ファミリア】団長。赤目白髪の少年。その容姿から、兎呼ばわりされることが多い。性格は、基本的に善良かつ奥手だが、豪快で大胆だった祖父の影響で異性に抱く憧れが強い。また、どちらかというと年上の女性を意識する面がある。その純粋さに目を付けた女神フレイヤに心酔されており、彼を自分の理想へと育て上げ、最後には我が物としようと企む彼女の暗躍によって度々騒動に巻き込まれる。本人にはまだ明かされていないが、自分を育てた義理の祖父が大神ゼウスであること、そしてゼウスがまだ生きていることがヘルメスによって明らかとなる。
引用:「”ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月12日 (日)16:03″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org


 

松野 チョロ松

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

かっこよさ★★★

強さ★★

おもしろさ★★★

性格★★★

出演アニメおそ松さん

特徴
三男。イメージカラーは緑。黒目が若干小さめで後頭部の癖毛がない。1期13話で「シコ松」というあだ名がついた。その後もその話題で何度かイジられ、「チョロシコスキー」などと呼ばれる場面も。基本的に兄弟に対しては敬称略だが、おそ松には「兄さん」と付けており、カラ松のことは敬称略と「兄さん」付きの両方で呼ぶことがある。他の兄弟と比較して常識的な考えの持ち主で性格も真面目。それゆえにツッコミ役を担うことが多く苦労人でもある。EDでは6人の中で自分が1番まともであることを主張しているが、現状を打破できていないことから「六つ子の中にまともなのが一人もいない」と他の兄弟たちを叱っていることから、チョロ松も自分が世間から見るとまともではないことを自覚している。無職であることに唯一危機感を抱いているが、優柔不断であるため、意欲だけが空回りして結局職に就けないでいる。アイドル好きでもあり、トト子がアイドルデビューした際は率先してマネージャーを務めた。お気に入りは地下アイドルの橋本にゃー。また、「背中をトントンしてもらう」ことと引き換えにトト子にいいように使われるなど、女性が絡むと途端にポンコツになると兄弟に評されている。
引用:「”おそ松さん”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月15日 (水) 08:55″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です