【2002年】アニメキャラ ランキング(女)TOP3を紹介

出典:公式

<目次>

草薙素子
日向ヒナタ
フレイ・アルスター
 

草薙素子

出典:公式

総合評価★★★★★

見た目★★★★

萌え★★

可愛いさ★★★★

性格★★★★

かっこよさ★★★★★

出演アニメ攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL

特徴
幼少の頃に、脳と脊髄の一部を除く全身を義体化した女性型サイボーグで、公安9課の実質的なリーダー。冷静沈着な性格に加え、判断力、統率力、身体能力(義体制御能力や戦闘能力)において突出した才能を発揮する他、高度なハッキングスキルにより、荒巻には「エスパーよりも貴重な才能」と評されている。なお、原作では「草薙素子」という名前も偽名であることが示唆されている。押井守による映画版での押井個人の設定では、年齢は47〜48歳[1][2]。神山健治による『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズでは、第1作の時点で25〜26歳[3]。
引用:「”草薙素子”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2019年6月17日 (月) 14:00″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

日向ヒナタ

出典:公式

総合評価★★★★

見た目★★★

萌え

可愛いさ★★★★★

性格★★★★★

かっこよさ★★

出演アニメNARUTO -ナルト-

特徴
紅班の紅一点。日向一族の宗家当主・ヒアシの嫡子のくノ一。ネジの従妹でありハナビの姉。一族に伝わる血継限界・白眼とそれを応用した体術・柔拳の使い手。内気で引っ込み思案だが、礼儀正しく優しい性格。1歳上の従兄のネジのことは「ネジ兄さん」と呼び実の兄のように慕っている。幼少期には忍としての資質が妹のハナビに劣っており、父のヒアシからは後継者の素質なしと見放なされていた。また、かつて雲隠れの里の忍による誘拐未遂に遭い、この事件で叔父のヒザシが命を落とす原因になったことから従兄のネジにも恨まれていた。こうした事情から常に孤独に苛まれており、消極的で諦めがちな性格となっていたが、忍者学校でナルトと出会ったことで次第に彼への憧れと好意を抱くようになった。第一部の中忍選抜第三試験では従兄のネジと対戦することになり、心理的に追い詰められて戦意をなくしつつあったが、ナルトの声援を受けて重傷を負いながらも自ら忍道を貫くべく奮闘した。試験後にはネジとヒアシが和解したことをきっかけに自身もネジと和解し、ヒアシとも打ち解けるようになっていった。
引用:「”NARUTO -ナルト-の登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月25日 (水) 08:04″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

フレイ・アルスター

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

萌え★★★★

可愛いさ★★

性格

かっこよさ

キラの通うカレッジの一期後輩。
引用:「”機動戦士ガンダムSEEDの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2019年4月27日 (土) 15:51″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です