【2003年】アニメキャラ ランキング(女)TOP3を紹介

出典:公式

<目次>

田名部 愛
リザ・ホークアイ中尉
朽木 双葉
 

田名部 愛

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

萌え

可愛いさ★★★★

性格★★★★

かっこよさ

出演アニメプラネテス

特徴
新人デブリ屋。日本人(北海道出身)。出生不明で、生後1歳前後より養父母の下で大切に育てられる。5歳の時まで言葉を話せなかった(ガイドブックによると自閉症のためだが、実際の自閉症は先天性の脳機能障害であるため、問題行動などが軽減されることはあってもタナベのように治癒することはあり得ないことを留意しておく必要がある)。愛(博愛)こそが全てを救うという信念を持つ。一本気で天然な性格の持ち主で、特技は「誰とでも打ち解ける事」。ハチマキらの船に新人としてやってきた。理由は「己の限界を知るため」。大学の研究でナマコ、クモ、金魚を次々に宇宙船に持ち込みフィーを閉口させ、さらにはその後、無断で猫を持ち込み、フィーに自身の息子(8歳)と同格の烙印を押される。全てを「愛」(人間愛や博愛など)という方向で結論付ける価値観を持つが、これを何にでも一人の枠内で片付けようとするハチマキに嫌われてしまい、ことごとく対立してしまう。ただ木星往還船乗組員に選ばれる前後にハチマキは自分の価値観と衝突し悩み苦しむこととなるが、その苦悩の中で「一人で生きて死ぬ」と粋がるだけでは人は生きていけないという悟りを得る端緒を与えている。しかしハチマキが誤って遺書を開けてしまったことを謝罪され、それに対して「何もかも愛している」ゆえに遺書が書けないと打ち明けるなど、当人も完成された絶対的な真理には至っていない。この遺書開封の事件がきっかけで、後にハチマキから求婚され、承諾する。ハチマキ木星出発後の話では、フィーになぜハチマキと結婚したかを問われ「他に(求婚者が)いなかったから」と答えつつ、「彼を愛しているか」の問いには「はい、もちろん」と答えて、フィーに呆れられるのを通り越して尊敬されている。「愛」という人間にとって普遍的であるがゆえ、みだりに口にすると陳腐に聞こえてしまうものを臆面もなく至上のものと主張する存在である。
引用:「”プラネテス”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年4月15日 (日) 06:56″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

リザ・ホークアイ中尉

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

萌え

可愛いさ★★★★

性格★★★★★

かっこよさ★★

出演アニメ鋼の錬金術師

特徴
軍部の中尉でマスタングの部下。大陸暦1890年生まれ。金髪に鳶色の目という容姿端麗な女性。性格は仕事中は常に冷静沈着で、よほどのことが無い限り感情を表に出さない。一方プライベートでは笑顔を見せる事も多く、引き取り手のいない仔犬(後の「ブラックハヤテ号」)を引き取るなど、根は優しい。非常にスタイルが良く見えるが、作者は「(軍人の為、身体を鍛えているので)肩幅が広く、(そこそこの年齢だから)お尻が大きいため、腰が細く見える」と説明している[3]。ネーミングセンスは皆無。銃器の扱いに長けており、類稀な狙撃センスの持ち主で、常に銃を二丁携帯している。イシュヴァール殲滅戦が起こった時には、士官学校生だったが狙撃手として前線に配属された。名前と、その正確無比な狙撃から「鷹の眼」の異名を持つ。本人が銃を愛用するのは、本人曰く「人の死に行く感触が残らないから」。だがこれを欺瞞であるとマスタングに指摘された時にはそれを認め、「次世代のために自らが手を汚す」と肯定した。マスタングの副官であり、彼からは「もし自分が道を踏み外したら殺せ」と託されるほどに他の直属の部下とは一線を画した女性として描かれる。終盤部では復讐に走ろうとするマスタングを止める役割も担う。マスタングとの関係も軍人同士としてでなく、彼が、錬金術師であった亡き父親(声 – 谷昌樹)の弟子だったことに起因する。ホークアイの背中には父の遺した秘伝の錬成陣が刻まれており、マスタングの人間性と、「皆が幸せに暮らせる未来」を信じ、彼に秘伝を託した。その後、国民の幸福を願い士官学校に入り、一旦マスタングとの関係は途切れるが、イシュヴァール戦にて再会。終戦後はマスタングの推薦もあって彼の補佐官となる。イシュヴァール戦後に秘伝の破棄を望み、マスタング自身の手により一部が焼き潰された。
引用:「”鋼の錬金術師の主要な登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月10日 (火) 01:16″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

朽木 双葉

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

萌え★★★★

可愛いさ★★★★

性格★★★★

かっこよさ

出演アニメグリーングリーン

特徴
誕生日:8月28日、身長:164センチメートル。短気で勝気で男嫌いで言葉遣いが荒く、轟先生を威圧感で卒倒させてしまうほど。いわゆる典型的ツンデレキャラ。また、妹の若葉を舎弟のように扱う。陰陽道の末裔で、式神を操る。血筋故に鋭いため、みどりに違和感を感じている。一番星に好かれている。 男嫌いの理由は企画アルバム『Kanenone Jam』のオリジナルドラマで語られている。バストサイズは本人曰くB。早苗曰くぎりぎりA。
引用:「”グリーングリーン (ゲーム)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月4日 (月) 06:49 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です