【2004年】アニメキャラ ランキング(女)TOP5を紹介

出典:公式

<目次>

モニカ・アデナウアー
フェイト・テスタロッサ
ルーシー
岸本 恵
フウ
 

モニカ・アデナウアー

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

萌え★★

可愛いさ★★★★

性格★★★★

かっこよさ

出演アニメ焼きたて!!ジャぱん

特徴
アメリカ合衆国代表(出身はドイツであり、移民)のパン職人。本職は菓子職人で、第59回世界菓子職人選手権の覇者になるほどの実力を持つ。特技は飴細工。「サンピエール」のオーナーに見出され、パン職人に転向。モナコカップの決勝で諏訪原と当たり勝利。飴細工でボロボロになっている自分の手を、「まさに究極の職人の手」と賞賛してくれた諏訪原に恋心を抱き付き合うようになった。後に「焼きたて!! 9」の大曲戦にて諏訪原とともに出場するが敗退。その後自決しようとした諏訪原を引き止めるためについた松代の方便により、諏訪原の子を妊娠していることにされてしまい(実際は経験がない)、その後は腹に丸めた新聞紙を詰め込み、妊婦を演じていた。しかし、いつの間にか本当に諏訪原との子供を妊娠し、最終回では諏訪原似の男児を出産。現在は主婦たち相手にお菓子教室を開いている。
引用:「”焼きたて!!ジャぱんの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月5日 (木) 23:26″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

フェイト・テスタロッサ

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

萌え

可愛いさ★★★★

性格★★★★

かっこよさ★★

出演アニメ魔法少女リリカルなのは

特徴
9歳。金の髪と「寂しげな目」をしたもう1人の魔法少女。なのは同様魔導師としての才能は非凡なものがある上に、幼い頃から母の使い魔であったリニスから戦闘訓練を受けて驚異的な速度でその教えを習得。出会った当初、なのはは手も足も出なかった。 高速移動からの斬撃による一撃離脱を得意とし、射撃・広範囲魔法も優れた前衛戦闘型の魔導師。一方でバリア出力の低さなど防御面に難があり、また攻撃に傾倒し過ぎるためトラップに弱い点をクロノに指摘された。魔力光は金色。魔力変換資質「電気」を保有しているため、変換プロセスを踏まずに電気を発生できる。『A’s』時ではAAAクラスの魔導師。 初見の印象からクールな人物と思われがちだが、本来は争いごとを嫌い心優しく、遠慮と心配の豊かな少女。母・プレシアから虐待同然の酷い仕打ちを受けながらも懸命に尽くそうとするなど、強い意志の持ち主であり、プレシアを救いたいが故に頑固な一面を持つ。また素直な性格なため、プレシアの自身への仕打ちや自身の記憶の曖昧さなどをまったく疑わずジュエルシードを集めをした。
引用:「”フェイト・テスタロッサ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年5月19日 (土) 02:19″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

ルーシー

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

萌え★★

可愛いさ★★★

性格★★★

かっこよさ★★★

出演アニメエルフェンリート

特徴
本作の主人公。現人類を絶滅に追い込むことのできる新人類「ディクロニウス」のオリジナルかつ唯一生殖機能を持った個体。髪の色はピンク。髪型はロングヘア。新人類のミトコンドリア・イブとなる個体でもある。物語の序盤で研究所を脱走した際に頭部に受けた衝撃が元で人格が分裂、にゅうの人格が生まれる。それ以来、頭部に衝撃を受けるとルーシーの人格とにゅうの人格が入れ替わるようになる。物語の序盤では頭部に衝撃を受けたことで記憶喪失になっていたが、後に角沢教授に拉致された事件がきっかけで記憶を取り戻す。ベクターと呼ばれる見えない腕を使いDNAからの声に従うように人類を殺し続ける殺人鬼。ただし何があってもコウタと動物(特に犬)は傷つけず、蔵間に関しては敢えて殺さない。ベクターの射程は全ディクロニウス中最低の2m。ただし力については強い。アニメでの最大本数は4本。なお「ルーシー」という名前は本名ではなく、研究所で1974年に発見された類人猿の化石に由来して付けられたコードネームのようなものである。髪は長髪(子供時代は短い髪だった)だが、原作終盤でDNAの声に意識を乗っ取られた時とアニメの終盤では一時的に子供時代と同じ短い髪になった。幼くして父親に捨てられた後、養護施設で幼少期を過ごす。角のせいで他の子供達に虐められ、やがて内緒で飼っていた犬をいじめっ子に目の前で殺されたのをきっかけにベクターが発動し、施設の子供達を惨殺し逃走。その後は人を殺して一夜の宿を得たりしながら彷徨っていた。本編開始の8年前に鎌倉へ家族で遊びにきていたコウタと出会い、初めは彼を拒絶していたが、自分の角に偏見を持たないどころか「かっこいい」と評価し一緒に遊んでくれたコウタに心を開き、彼に好意を抱くまでになった。だが、夏祭でユカに抱きつかれているコウタの姿を見た際コウタに裏切られたと勘違いし、ここで初めてDNAの声に従ってその場にいた無関係な人々を殺害。更にその後、帰りの電車に乗っていたコウタの前に現れ、コウタの目の前で彼の妹と父親を惨殺してしまう。しかしコウタへの想いは長年持ち続けており、それが最終的にはDNAの声に逆い自らを滅することに繋がった。その後は研究所に捕らえられ数年間厳重に拘束されていたが、角沢教授の画策により移送中に逃亡する。
引用:「”エルフェンリート”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月17日 (火) 13:56″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

岸本 恵

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★★

萌え★★

可愛いさ★★★

性格★★★

かっこよさ★★★

出演アニメGANTZ

特徴
あだ名:「巨乳」本作の初期ヒロイン。ショートカットでスタイル抜群の美少女。心根の優しい性格だが、自分本位な言動もたびたび見受けられた。死因は自殺。自宅の浴室で自殺未遂(リストカット)をし、ガンツの部屋に転送される。入浴時に全裸だったため、そのまま転送されて初登場で玄野らに裸体を見られている。転送直後は夢だと勘違いして全裸のまま横になったことで危うくヤクザに強姦されそうになり、加藤に救われる(このことがきっかけで加藤を意識するようになる)。そのルックスの良さから着替えを覗かれたり、強姦未遂に二度も遭ったりしている。学校では成績優秀で真面目であったが、母親からの過剰な期待がストレスとなり、プレッシャーとなっていた。妹がいる。加藤の優しさと逞しさに惚れ込むが、ガンツによって複製されたため(ガンツによって自殺未遂にも係わらず複製され、岸本が2人になるという現象が起きたため)自宅に帰れなくなり、玄野の家に居候する。だが、玄野の好意を無視して加藤の話ばかりしていたため、田中星人戦後ついにキレた玄野に謝りながら彼の家を出ていく。その後ガンツ部屋で玄野と再会したやいなや、「本当は加藤くんの家に行きたかった」と精一杯取り繕う言動が、玄野の破壊衝動に拍車をかけることとなる。
引用:「”GANTZの登場人物”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月24日 (火) 07:35″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

フウ(風)

出典:公式

総合評価★★★

見た目★★★

萌え

可愛いさ★★★★

性格★★★★

かっこよさ

出演アニメサムライチャンプルー

特徴
本作のヒロイン。推定年齢15歳。女性。結った髪にかんざしを差し、ピンク色の着物に前で結んだリボンのような帯締めをしている。「向日葵の匂いのする侍」の手掛かりを求めて、数多くのバイトをしていたが、ムゲンとジンとの出会いを機に、彼らを用心棒にして旅に出る。袖にボディガードとしてモモンガの「モモさん」を飼っている。天涯孤独の身でありながら、性格はわりと明るく、世話好きにして好奇心旺盛。華奢な外見からは想像もつかない程の大食いで、限界を超えると「お相撲さん」になるが、すぐに元に戻る。ムゲン曰く「軽いバケモノ」。長崎ではしゃぶしゃぶのルールを決めたがり、鍋奉行の気を見せた。貧乳を気にしている。
引用:「”サムライチャンプルー”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月17日 (火) 14:32″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です