【スポーツアニメ】おすすめアニメランキング29選を紹介

出典:©古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS

<目次>

神アニメ

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校
ハイキュー!! セカンドシーズン
黒子のバスケ
ハイキュー!!
ピンポン THE ANIMATION
黒子のバスケ
SLAM DUNK

超最高アニメ

はねバド!
ベイビーステップ
黒子のバスケ
ダイヤのA
メジャー 6
おおきく振りかぶって
メジャー 5期
ONE OUTS
メジャー 4期
メジャー 3期
おおきく振りかぶって
アイシールド21
メジャー 2期
メジャー 1期

最高アニメ

MAJOR 2nd
メガロボクス
グラゼニ
火ノ丸相撲
グラゼニ2期
ボールルームへようこそ
ダイヤのA -SECOND SEASON-
弱虫ペダル

良アニメ

普通アニメ

 

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

出典:©古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

オススメ度★★★★★

スポーツシーン★★★★★

内容★★★★

感動★★★★★

見易さ★★★★

全10話 + OAD

好きなキャラ:西谷 夕

あらすじ
ある日偶然春高バレーのテレビ中継を見かけた小柄な少年・日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始める。
低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた。
中学3年の夏、やっとのことでメンバーを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向率いる雪ヶ丘中は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。影山に中学校での3年間を否定された日向は、影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校排球部に入部。晴れて迎えた部活動初日、体育館に入った日向の目の前には影山の姿があった。
初めは反発し合っていた二人だが、それぞれの持ち味を生かした“トスを見ない”クイック攻撃、通称・「変人速攻」を編み出し、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと共に全国大会を目指すこととなった。
引用:「”ハイキュー!!”」「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年6月3日 (日) 03:35″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

ハイキュー!! セカンドシーズン

出典:©古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS

オススメ度★★★★★

スポーツシーン★★★★★

内容★★★★

青春★★★★★

感動★★★★

見易さ★★★★★

全25話 + OAD

好きなキャラ:西谷 夕(にしのや ゆう)

あらすじ
ある日偶然春高バレーのテレビ中継を見かけた小柄な少年・日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始める。低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた
引用:「”ハイキュー!!”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年6月4日 (月) 12:56″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

黒子のバスケ

出典:(C) 藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

オススメ度★★★★★

スポーツシーン★★★★★

内容★★★★

青春★★★★

見易さ★★★★★

全25話+OVA

好きなキャラ:黄瀬 涼太(きせ りょうた)

あらすじ
帝光中学校バスケットボール部。部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれている。が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたと…。
引用:「”黒子のバスケ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年6月4日 (月) 09:15 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

ハイキュー!!

出典:©古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

オススメ度★★★★★

内容★★★★★

スポーツシーン★★★★★

感動★★★★

見易さ★★★★★

全25話 + OAD

好きなキャラ:西谷 夕(にしのや ゆう)

あらすじ
ある日偶然春高バレーのテレビ中継を見かけた小柄な少年・日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始める。低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた。
引用:「”ハイキュー!!”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年6月4日 (月) 12:56″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

ピンポン THE ANIMATION

出典:©松本大洋/小学館 ©松本大洋・小学館/アニメ「ピンポン」製作委員会

オススメ度★★★★★

内容★★★★★

スポーツシーン★★★★★

青春★★★★★

感動★★★★

見易さ★★★★★

全11話

好きなキャラ:星野裕(ほしの ゆたか)

あらすじ
ペコとスマイルは、片瀬高校卓球部に所属する幼馴染。ペコは卓球が強いが自分の才能に自惚れているところがあり、先輩に対しても挑発的である。スマイルは、決して笑わないことからペコが「スマイル」と渾名した。内気で無口だが卓球は強い。2人は中国人留学生を迎えたと噂になっている辻堂学園高校卓球部の偵察に出かけ、留学生のチャイナと対面する。チャイナと試合をしたペコは1点も獲れずに敗北する。そのころ片瀬高に、髪も眉毛も剃りあげたスキンヘッドの高校生がスマイルを偵察するため参上する。ドラゴンと呼ばれる海王学園高校卓球部の風間竜一である。片瀬高卓球部顧問の小泉丈(バタフライジョー)にドラゴンは、絶対にインターハイで優勝すると宣言する。
引用:「”ピンポン (漫画)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年5月11日 (金) 10:32″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

黒子のバスケ

出典:(C) 藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

オススメ度★★★★★

内容★★★★

スポーツシーン★★★★★

青春★★★★

見易さ★★★★★

全25話+OVA

好きなキャラ:黄瀬 涼太(きせ りょうた)

あらすじ
帝光中学校バスケットボール部。部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれている。が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたと…。
引用:「”黒子のバスケ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月4日 (月) 09:15 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

SLAM DUNK

出典:(C)井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション

オススメ度★★★★★

内容★★★★★

戦闘シーン★★★★★

友情★★★★

感動★★★★

見易さ★★★★

全101話

好きなキャラ:水戸 洋平(みと ようへい)

あらすじ
神奈川県立湘北高校に入学した赤い髪の不良少年・桜木花道は、188㎝の長身と抜群の身体能力を見そめられ、バスケットボール部主将・赤木剛憲の妹である晴子にバスケット部への入部を薦められる。晴子に一目惚れした花道は、バスケットボールの全くの初心者であるにもかかわらず、彼女目当てに入部。その後、地道な練習や試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚め、その才能の芽を急速に開花させる。湘北バスケ部には、監督である安西光義のもと、主将の赤木剛憲と副主将の木暮公延らに加え、スーパールーキーといわれる流川楓らが加入。さらに、前年度のインターハイ県予選ベスト4である陵南高校との練習試合後には、暴力事件を起こして入院をしていた宮城リョータや、バスケ部から離れていた三井寿も復帰する。
引用:「”SLAM DUNK”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年9月13日 (木) 14:04″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

はねバド!

出典:©2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

オススメ度★★★★

内容★★★★

スポーツシーン★★★★

友情★★★

萌え★★★

見易さ★★★★★

全13話

好きなキャラ:羽咲 綾乃(はねさき あやの)

あらすじ
神奈川県にある北小町(きたこまち)高校バドミントン部、ここで新たにコーチを受け持つことになった立花健太郎だが、練習が厳しすぎると部員が続々とやめていき、新主将となった荒垣なぎさも彼に反抗的で部は分裂寸前、大会出場の頭数も足らないほど窮地に立たされていた。そんなとき、立花はふと、羽咲綾乃という新1年生に出会う。一見気弱で華奢な彼女だが、軽々と木を駆け上るほどの運動神経の持ち主で、左手にはバドミントンの経験者らしきマメもあった。そこで、彼は綾乃を部員にしようと画策するが、彼女から絶対に嫌だと拒絶される。そんな時、なぎさは綾乃の姿を見て動揺する。実は、全日本ジュニア選手権で彼女は綾乃と名乗る人物に、スコンク(シャットアウト負けのこと)で惨敗しており、そのときの恐怖が思い起こされたからだった。
引用:「”はねバド!”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年10月4日 (木) 00:16″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

ベイビーステップ

出典:(C)勝木光・講談社/NHK・NEP

オススメ度★★★★

内容★★★★

スポーツシーン★★★

成長★★★★

恋愛★★

見易さ★★★★★

全25話

好きなキャラ:丸尾栄一郎(まるお えいいちろう)

あらすじ
主人公の丸尾栄一郎は、小学生のころから成績オールAで、クラスメイト達からは「エーちゃん」と呼ばれている普通の高校1年生。ある日、栄一郎の授業用ノートを、隣のクラスの鷹崎奈津に貸すことになり、その神経質に几帳面なノートの凄さから変人扱いされてしまう。後日、運動不足を解消するため、南テニスクラブ(通称STC)の無料体験に参加した栄一郎は、そこで奈津に偶然に会い彼女がプロプレイヤーを目指していることを知り、彼女との会話を通じて本格的にテニスを始めるようになる。
引用:「”ベイビーステップ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年4月18日 (水) 15:11 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

黒子のバスケ

出典:(C) 藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

オススメ度★★★★

内容★★★

スポーツシーン★★★★★

青春★★★

見易さ★★★★

全25話+OVA

好きなキャラ:黄瀬 涼太(きせ りょうた)

あらすじ
帝光中学校バスケットボール部。部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれている。が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたと…。
引用:「”黒子のバスケ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年6月4日 (月) 09:15 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

ダイヤのA

出典:©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA」製作委員会・テレビ東京

オススメ度★★★★

内容★★★★

スポーツシーン★★★★

青春★★★

見易さ★★★★

全75話

好きなキャラ:結城 哲也(ゆうき てつや)

あらすじ
帝統合により廃校が決まった母校・赤城中学(長野県)の名を残すため野球好きの少年・沢村栄純は同級生たちと共に中学制覇を目指す。だが、沢村の暴投により一回戦敗退が決まる。その試合をたまたま見に来ていた高校野球の西東京地区名門・青道高校のスカウト高島礼は沢村の持つ天性の素質を見抜き、彼をスポーツ推薦枠で招き入れたいと申し出る。青道高校を見学に訪れた沢村は天才捕手御幸一也と出会い、地元の仲間たちからも強く後押しされ上京を決意する。青道に入学した沢村は同じ一年生の降谷暁が投じた球のスピードを目にして度肝を抜かれる。
引用:「”ダイヤのA”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月10日 (日) 10:32 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

メジャー 6

出典:公式

オススメ度★★★★

内容★★★★★

青春★★★★★

スポーツシーン★★★★

恋愛★★

感動★★★★

見易さ★★★★

25話

好きなキャラ:ジョー・ギブソン

あらすじ
「友情」や「努力」といった少年漫画として普遍的なテーマを扱いながらも、それにより主人公や家族が不幸になることはないという、『サンデー』の独自性が出た作品として「家族」「逆境」もまた、本作の重要なテーマになっている。「逆境」は乗り越えられる主要テーマの一種であるため、吾郎の入団するチームは何かしらの問題を抱えた弱小チームであることが多い。
引用:「”メジャー (アニメ)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月10日 (日) 09:19 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

おおきく振りかぶって

出典:©ひぐちアサ・講談社/おお振り製作委員会

オススメ度★★★★

内容★★★★

青春★★★★

スポーツシーン★★★★

感動★★★★

見易さ★★★★

全13話 + 未放送1話

好きなキャラ:田島 悠一郎(たじま ゆういちろう)

あらすじ
埼玉県の公立高校・西浦高校へと進学した三橋 廉(みはし れん)は中学時代、祖父の経営する群馬県の三星学園野球部でエース投手だったが、チームメイトからは「『ヒイキ』でエースをやらせてもらっている」と疎まれ続け、極端に自虐的な暗い性格になってしまう。三橋が隣県の西浦高校へと進学したのは、その暗い思い出を拭うためだった。
引用:「”おおきく振りかぶって”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月6日 (水) 03:06 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

メジャー 5期

出典:公式

オススメ度★★★★

内容★★★★

スポーツシーン★★★★

恋愛★★

感動★★★

見易さ★★★

25話

好きなキャラ:清水薫

あらすじ
「友情」や「努力」といった少年漫画として普遍的なテーマを扱いながらも、それにより主人公や家族が不幸になることはないという、『サンデー』の独自性が出た作品として「家族」「逆境」もまた、本作の重要なテーマになっている。「逆境」は乗り越えられる主要テーマの一種であるため、吾郎の入団するチームは何かしらの問題を抱えた弱小チームであることが多い。
引用:「”メジャー (アニメ)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月10日 (日) 09:19 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

ONE OUTS

出典:©甲斐谷忍/集英社・「ONE OUTS」製作委員会

オススメ度★★★★

内容★★★★

スポーツシーン★★★

駆け引き★★★★★

見易さ★★★★

全25話

好きなキャラ:渡久地 東亜(とくち トーア)

あらすじ
プロ野球チーム「埼京彩珠リカオンズ」の児島弘道は、一選手として数々の記録とタイトルを取りながらもチームは一度も優勝をしたことがないという不運の天才打者。優勝するために必要な何かを探すためシーズンオフに沖縄で自主トレーニングに励んでいた。そこで児島は賭野球「ワンナウト」で無敗を誇るピッチャー、天才勝負師渡久地東亜と出会う。二度のワンナウト勝負の末、捨て身で勝利をもぎ取った児島は、渡久地にリカオンズ優勝への光明を見出しチームにスカウト、1999年のプロ野球の世界へと導く。そしてこの渡久地の入団が、万年Bクラスの弱小球団「埼京彩珠リカオンズ」の運命を大きく変えていくことになる。
引用:「”ONE OUTS”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月15日 (金) 07:11″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

メジャー 4期

出典:公式

オススメ度★★★★

内容★★★★

スポーツシーン★★★★

恋愛★★

感動★★★

見易さ★★★★

26話

好きなキャラ:清水薫

 

メジャー 3期

出典:公式

オススメ度★★★★

内容★★★★★

スポーツシーン★★★★

恋愛★★

感動★★★★

見易さ★★★★

26話

好きなキャラ:清水薫

 

おおきく振りかぶって

出典:©ひぐちアサ・講談社/おお振り製作委員会

オススメ度★★★★

内容★★★★

スポーツシーン★★★★

青春★★★★

感動★★★★

見易さ★★★★

全25話 + 未放送1話

好きなキャラ:田島 悠一郎(たじま ゆういちろう)

あらすじ
埼玉県の公立高校・西浦高校へと進学した三橋 廉(みはし れん)は中学時代、祖父の経営する群馬県の三星学園野球部でエース投手だったが、チームメイトからは「『ヒイキ』でエースをやらせてもらっている」と疎まれ続け、極端に自虐的な暗い性格になってしまう。三橋が隣県の西浦高校へと進学したのは、その暗い思い出を拭うためだった。
引用:「”おおきく振りかぶって”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月6日 (水) 03:06″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

アイシールド21

出典:©米スタジオ・ビレッジスタジオ/集英社・テレビ東京・NAS

オススメ度★★★★

内容★★★★★

スポーツシーン★★★★★

青春★★★★

感動★★★

見易さ★★★★★

全145話

好きなキャラ:蛭魔妖一

あらすじ
私立泥門(でいもん)高等学校に通う気弱な高校生、小早川瀬那は入学早々ひょんなことから泥門高校アメフト部「泥門デビルバッツ」に主務として入ることになった。その帰り道、彼をパシリにしていた不良たちに絡まれ、逃れるために泥門駅まで爆走して駆け込み乗車をした。それを目撃したアメフト部主将 ヒル魔に翌日強制的に選手にされ、唯一の取り柄である俊足で選手登録名「アイシールド21」として春大会を戦うことになる。
引用:「”アイシールド21”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年5月19日 (土) 19:26″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

メジャー 2期

出典:公式

オススメ度★★★★

内容★★★★★

スポーツシーン★★★★

恋愛★★

感動★★★★

見易さ★★★★

26話

好きなキャラ:清水薫

引用:「”メジャー (アニメ)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月10日 (日) 09:19 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

メジャー 1期

出典:公式

オススメ度★★★★

内容★★★★

スポーツシーン★★★★

恋愛★★

感動★★★

見易さ★★★★

26話

好きなキャラ:清水薫

引用:「”メジャー (アニメ)”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月10日 (日) 09:19 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

MAJOR 2nd

出典:©満田拓也・小学館/NHK・NEP・ShoPro

オススメ度★★★

内容★★

恋愛

スポーツ★★★

友情★★★

笑い★★

萌え★★

見易さ★★★

全12話

好きなキャラ:眉村 道塁(まゆむら みちる)

あらすじ
茂野大吾は、幼少時、現役復帰した父・吾郎の影響を受け、「おとさん(吾郎)みたいにプロ野球選手になる」という夢を抱いていた。小学4年生から本格的に野球をすべく三船リトルに入団したものの、父親の吾郎のように生まれ持ったセンスや才能には恵まれず、周囲からは期待はずれとして落胆され、常に父や2人の祖父と比較され続けたため父に対しての劣等感や後ろめたさを抱き、一度野球を辞めてしまう。小学校6年生まで母に振り回される形でサッカーや勉強に取り組むも、長続きせずゲームばかりしており、野球をやりたいという気持ちこそ完全には無くなってはいなかったものの物事に対して逃げ腰になっていた。大吾は自分の抱えている劣等感や繊細で傷つきやすい一面等を優等生の姉や脳天気な母親に理解してもらえなかったこともあってか捻くれた性格となっており、友人である佐倉睦子や佐藤光等の好意的な感情も素直に受け入れられずにいたが、光との出逢いを機に、心境に変化が現れ始め、紆余曲折ありながらも再び野球と向き合うことを決め、三船リトルに再入団する。
引用:「”MAJOR 2nd”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年9月30日 (日) 11:42″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

メガロボクス

出典:©高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

オススメ度★★★

内容★★★

戦闘シーン★★

熱い★★★

感動★★★

見易さ★★

全13話

好きなキャラ:勇利(ゆうり)

あらすじ
身体能力を向上させる強化外骨格ギアを身に着けたメガロボクサーたちによる、ボクシング以上に激しい格闘技メガロボクスが行われている近未来。超近代的な摩天楼が屹立する「認可地区」と、市民IDを持たない貧民が生きる「未認可地区」という2つのゾーンを抱えたとある都市では、メガロボクス世界王者決定戦メガロニアが開催されようとしていた。非合法地下闘技場のメガロボクサーであるジャンクドッグは、強すぎるがゆえに相棒の南部贋作に八百長試合を強いられる鬱屈した日々を送っていたが、最強のメガロボクサー勇利に地下試合で敗北したことを契機に、メガロニアへの出場を決意。ジョーという新たな名前と共に、勇利へのリベンジを果たすために動き出す。 しかし、正式なメガロボクサーとして早くから研鑽を積んだ強敵ばかりでなく、市民IDを持たない無力な貧民を無価値な屑と見なす社会的な偏見さえもジョーの行く手を阻もうとしていた。
引用:「”メガロボクス”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年7月19日 (木) 00:35″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

グラゼニ

出典:©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社

オススメ度★★★

内容★★★

スポーツシーン★★

見易さ★★★

全12話

好きなキャラ:ユキちゃん

あらすじ
プロ野球のスパイダースに所属していた凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手とプロ野球選手としては決して一流とは言えない選手である。このままでは引退後は年収100万円台の生活に陥ってしまう。「グラウンドには銭が埋まっている」略して「グラゼニ」を胸にプロ野球選手としての生活に励む。
引用:「”グラゼニ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年6月27日 (水) 04:23 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

火ノ丸相撲

出典:©川田/集英社・「火ノ丸相撲」製作委員会

オススメ度★★★

内容★★

スポーツ★★★

相撲★★★★

友情★★★

見易さ★★★

全9話

好きなキャラ:潮 火ノ丸

あらすじ
弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、”小さき”少年・潮火ノ丸は実は小学校時代には〈鬼丸〉と呼ばれる次世代の横綱候補だったが、中学時代は体格的なハンデのため、無名の存在となっていた。
しかし、相撲への情熱は消えることなく大太刀高校入学後、上級生の小関とともに相撲部の再建につとめる。道場を占拠していた不良集団のリーダーだった五條が改心して入部したことで最初の団体戦に臨む。
引用:「”火ノ丸相撲”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2019年5月14日 (火) 12:52″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

グラゼニ2期

出典:©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社

オススメ度★★★

内容★★★

スポーツシーン★★

見易さ★★★

全12話

好きなキャラ:ユキちゃん

あらすじ
プロ野球のスパイダースに所属していた凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手とプロ野球選手としては決して一流とは言えない選手である。このままでは引退後は年収100万円台の生活に陥ってしまう。「グラウンドには銭が埋まっている」略して「グラゼニ」を胸にプロ野球選手としての生活に励む。
引用:「”グラゼニ”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年6月27日 (水) 04:23 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

ボールルームへようこそ

出典:©竹内友・講談社/小笠原ダンススタジオ

オススメ度★★★

内容★★★

スポーツシーン★★★

ライバル★★★

好きなキャラ:兵藤 清春(ひょうどう きよはる)

あらすじ
将来の夢も趣味もなく、無気力に日々を過ごしていた中学生・富士田多々良は、カツアゲに遭ったところをプロダンサー・仙石要に助けられたことで、偶然にも社交ダンスと出会う。「何か一つでいい、好きだと言えるものがあれば」と考えた多々良は今の自分を変えるため社交ダンスの世界へ飛び込む。
引用:「”ボールルームへようこそ”」「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年6月5日 (火) 04:39 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

ダイヤのA -SECOND SEASON-

出典:©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA」製作委員会・テレビ東京

オススメ度★★★

内容★★★

スポーツ★★★★

青春★★★★

見易さ★★★

全51話

好きなキャラ:結城哲也

あらすじ
読みは「せいどう」高校。西東京の野球名門校。野球部員の多くが都外からの野球留学者で、専用寮である「青心寮」に入寮している。作中の描写から、各学年1名ずつの計3名がルームメイトとして私生活も共にしていることが窺える。多数のプロを生んでおり設備も都内トップクラスで、西東京では稲城実業(後述)、市大三高(後述)と並びトップスリーと言われているが、近年はその2校に甲子園出場を独占されている。夏大では決勝で稲実に敗れるが、秋大では決勝で薬師高校(後述)を敗り、甲子園への切符を手にした。選抜では巨摩大藤巻に敗れはしたもののベスト8という記録を残した。
引用:「”ダイヤのA”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年5月31日 (木) 16:27 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

弱虫ペダル

出典:(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会

オススメ度★★★

内容★★★★

青春★★

スポーツシーン★★★

見易さ★★★

全38話

好きなキャラ:金城 真護(きんじょう しんご)

あらすじ
千葉県立総北高等学校の新入生・小野田坂道はアニメやゲーム、漫画や秋葉原を愛するオタク少年。中学時代にオタクの友達ができなかった彼は、高校こそは友達を作るためアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り、活動再開に必要な部員数を集めようと思い立つものの、部員は集まらなかった。そんなとき坂道は、同級生の今泉俊輔から自転車レースを挑まれる。中学時代に自転車競技で活躍していた今泉にとって、学校裏の斜度20%以上の激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する坂道は“信じがたい光景”であった。「坂道が勝てばアニ研部に入っても良い」と今泉に言われ、勝負を受けた坂道だが、あと一歩のところで惜敗する。それから数日後、坂道は関西から引っ越してきたばかりの少年・鳴子章吉と友人になる。鳴子は中学時代に自転車競技で活躍しており、ひょんなことから坂道はその実力を知ることになる。
引用:「”弱虫ペダル”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年6月13日 (水) 00:37″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org