【~2000年】おすすめアニメランキング8選を紹介

出典:(C)井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション

<目次>

神アニメ

ドラゴンボールZ
SLAM DUNK
ドラゴンボールGT
クレヨンしんちゃん

超最高アニメ

ドラゴンボール
勝負師伝説哲也

最高アニメ

こちら葛飾区亀有公園前派出所
スポンジ・ボブ
湘南爆走族

ドラゴンボールZ

出典:(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

オススメ度★★★★★

内容★★★★★

戦闘シーン★★★★★

友情★★★★

感動★★★★

見易さ★★★★★

全291話 + スペシャル2話

好きなキャラ:人造人間18号

あらすじ
ピッコロ(マジュニア)との闘いから約5年後、息子の孫悟飯を設けて平和な日々を過ごしていた悟空の元に、実兄ラディッツが宇宙より来襲し、自分が惑星ベジータの戦闘民族・サイヤ人であることを知らされる。さらわれた孫悟飯を助けるため悟空は宿敵ピッコロと手を組み、自らの命と引き換えにラディッツを倒すが、約1年後にはさらに強力なサイヤ人たちがドラゴンボールを求めて地球に来襲することを知る。悟空はドラゴンボールによって生き返るまでの間、あの世の界王の下で修業し、仲間と共に地球に強襲したサイヤ人を迎え撃つ。悟空は修行により増した力でナッパを一蹴し、サイヤ人の王子であるベジータと決闘。仲間の協力もあり何とか辛勝し撤退させるが、多くの仲間を失うとともに、ピッコロの戦死により彼と一心同体であった神も死亡し、地球のドラゴンボールも消滅してしまう。
引用:「”ドラゴンボール”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年9月13日 (木) 16:20″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

SLAM DUNK

出典:(C)井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション

オススメ度★★★★★

内容★★★★★

戦闘シーン★★★★★

友情★★★★

感動★★★★

見易さ★★★★

全101話

好きなキャラ:水戸 洋平(みと ようへい)

あらすじ
神奈川県立湘北高校に入学した赤い髪の不良少年・桜木花道は、188㎝の長身と抜群の身体能力を見そめられ、バスケットボール部主将・赤木剛憲の妹である晴子にバスケット部への入部を薦められる。晴子に一目惚れした花道は、バスケットボールの全くの初心者であるにもかかわらず、彼女目当てに入部。その後、地道な練習や試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚め、その才能の芽を急速に開花させる。湘北バスケ部には、監督である安西光義のもと、主将の赤木剛憲と副主将の木暮公延らに加え、スーパールーキーといわれる流川楓らが加入。さらに、前年度のインターハイ県予選ベスト4である陵南高校との練習試合後には、暴力事件を起こして入院をしていた宮城リョータや、バスケ部から離れていた三井寿も復帰する。
引用:「”SLAM DUNK”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年9月13日 (木) 14:04″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

ドラゴンボールGT

出典:(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

オススメ度★★★★★

内容★★★★★

戦闘シーン★★★★★

友情★★★★

感動★★★★

見易さ★★★★★

全64話 + 番外編1話

好きなキャラ:パン

あらすじ
悟空がウーブと修行の旅に出てから5年。悟空の教えを受け15歳になったウーブと修行の最終試験を行っている頃、新たなドラゴンボールの存在を知ったピラフ一味が神殿に乗り込んだ。その星が黒い「究極のドラゴンボール」から現れた巨大な神龍でピラフ一味の野望が現実になると思われたとき悟空が現れ、ピラフの言葉を勘違いした神龍が悟空を子供の姿に変えてしまった。究極のドラゴンボールを1年以内に集めて元の場所に戻さないと地球が爆発してしまう運命を知った悟空は、パンやトランクスと共にドラゴンボールを集めるため宇宙へと旅立つ。
引用:「”ドラゴンボールGT”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月14日 (火) 09:01″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

クレヨンしんちゃん

出典:公式

オススメ度★★★★★

内容★★★★★

笑い★★★★★

まったり★★★★★

感動★★★★★

見易さ★★★★★

好きなキャラ:酢乙女 あい(すおとめ あい)

 

ドラゴンボール

出典:(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

オススメ度★★★★

内容★★★

戦闘シーン★★★

友情★★★★

感動★★

見易さ★★★★

全153話

好きなキャラ:孫悟空

あらすじ
地球の人里離れた山奥に住む尻尾の生えた少年・孫悟空はある日、西の都からやって来た少女ブルマと出会う。そこで、7つ集めると神龍(シェンロン)が現れ、どんな願いでも一つだけ叶えてくれるというドラゴンボールの存在を、さらに育ての親である孫悟飯の形見として大切に持っていた球がその1つ「四星球(スーシンチュウ)」であることを知り、ブルマと共に残りのドラゴンボールを探す旅に出る。人さらいのウーロンや盗賊ヤムチャなどを巻き込んだボール探しの末、世界征服を企むピラフ一味にボールを奪われ神龍を呼び出されるが、ウーロンがとっさに言い放った下らない願いを叶えてもらうことで一味の野望を阻止する。
引用:「”ドラゴンボール”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年9月13日 (木) 16:20″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

勝負師伝説哲也

出典:©さいふうめい・星野泰視/講談社/「哲也」製作委員会

オススメ度★★★★

内容★★★★

いかさま★★★★★

麻雀★★★★

ギャンブル★★

見易さ★★★★★

380話(371話)

好きなキャラ:阿佐田哲也

あらすじ
昭和19年(1944年)、阿佐田哲也15歳。真珠湾攻撃から3年たったこの年、哲也は軍需工場で勤労動員させられていた。ある昼休み仲間と一緒に同僚のおっちゃんに博打を教えてもらっていた。その時、空襲が起きあたり一面が焼け野原になる惨事の中、逃げずに生き延びたおっちゃんから「運の悪い奴が死ぬんだ」と教わる。翌年、戦争に負け日本は貧しい状況にあった。何とか職を得た哲也は、就職先で博打をやっていることを知りその場に赴く。負け続けて土壇場に追い込まれた哲也は勝負師としての才能を開花させた。賭場での印南との出会いを経て横須賀で米兵相手に麻雀をやれば儲かると聞いた哲也は横須賀へ向かう。
引用:「”哲也-雀聖と呼ばれた男”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2019年2月2日 (土) 15:05″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

こちら葛飾区亀有公園前派出所

出典:© 秋本治・アトリエびーだま/集英社・ADK

オススメ度★★★

内容★★★

笑い★★★★★

見易さ★★★★

380話(371話)

好きなキャラ:両津 勘吉(りょうつ かんきち)

あらすじ
主な舞台は亀有公園前派出所がある東京都葛飾区亀有地区、両津の実家がある東京都台東区浅草を中心とした下町、東京23区東部。ただし、話の展開によっては、日本国内はもとより全世界、宇宙、天国、地獄、過去、未来などを縦横無尽に駆け巡る。
引用:「”こちら葛飾区亀有公園前派出所”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 ” 2018年6月1日 (金) 16:21 “ UTC URL:https://ja.wikipedia.org

 

スポンジ・ボブ

出典:公式

オススメ度★★★

内容★★★

笑い★★★★★

見易さ★★★★

好きなキャラ:パトリック・スター

 

湘南爆走族

出典:(C)吉田聡/東映ビデオ

オススメ度★★★

内容★★★

戦闘シーン★★★

友情★★★★

感動★★★

見易さ★★★★

好きなキャラ:江口 洋助

あらすじ
神奈川県の湘南海岸を舞台とし、2代目リーダーの江口洋助をはじめとする暴走族「湘南爆走族」メンバー5人と、地獄の軍団など他の暴走族などの登場人物やグループを中心に友情や恋愛などを描いた漫画。ギャグの割合が多いものの、喧嘩やバイクバトルなどの描写、グループ間の抗争などシリアスなストーリーも見られる。 主人公である江口の一人舞台になることは少なく、他のメンバーやライバル達も各々の個性を確立せさ、それぞれのキャラクターをクローズアップしたストーリーが見られるのも本作の特徴。連載ではギャグメインで一話毎に単発で完結するのが基本だが、江口と権田のタイマン勝負、ボクシングに打ち込む権田のエピソード、族同士の抗争編など、シリアスな展開の数話に渡る長編もある。現在まで続く、暴走族・ヤンキー漫画の嚆矢として認識されているが、暴力描写は少なくギャグが基本である。
引用:「”湘南爆走族”」 「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版」,最終更新 “2018年8月30日 (木) 18:48″ UTC URL:https://ja.wikipedia.org






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です